2000・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2000/12/29 (Fri) 10話『休息』

ミルフィール「は~~~い。夜食で~~す。」

クロン「ああ。」

オウファン「ありがとうございます。」

ミルフィール「あ、クロン様はダメです。」

クロン「うぐ。なぜだ。」

ミルフィール「これ以上太ったらメタボになっちゃいます!!」

オウファン「魔王閣下は太っていらっしゃるのですか?」

クロン「真面目な顔で聞くのはやめてくれ……。」

ミルフィール「最近お腹のあたりが……。」

クロン「その話はやめだ。」

ミルフィール「は~~い。」


ミルフィールがやってきたおかげで空気がなごんだ。
クロンにしてもオウファンにしても今日はつめて話をした。
これ以上は生産的な話ができないと踏んだ二人はここでお開きとなった。
あたは具体的に行動を模索しながら進めていくしかないだろう。
そう感じた。


オウファン「それにしてもいい奥様です。」

オウファンはミルフィールが去った後に言った。
その表情はどこか嬉しそうだった。

クロン「そうだな。」

オウファン「今だにアツアツなんですか?」

クロン「まあな」

オウファン「平和ということの大切さをいつも教えてくれる方ですね。」

クロン「……私にとっては……彼女がいるからこそ……今の私がいるようなものだ。」

オウファン「魔王が世界平和を望んで何が悪いですか?」

クロン「……そうかもな。」





スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(10) |


| TOP | next >>

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード