FC2ブログ
2010・10
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2010/10/28 (Thu) 14話

kurotabako_convert_20100807084143.jpg


クロン
「宇宙管理システム『箱舟(アーク)』製造
 情報管理端末『ツキノミナツ』。
 それがあのガキを支えるシステム・・・
 ということか。」


ポウ。
ジーーーー。

クロンはテツトの戦っている様を見ながら様子観察をしていた。
そして、解析魔法を進めていた。
本来的には協力すればいいのだが、それよりもアレの力を観察しておきたい。
テツトの戦いを見られるのはそうない。
これはかなり良い勉強になる。




ツキノミナツ。
テツトのサポート機として付属されている。
アイル・ハインの能力制御を行う。
竜言語を使い、防御やフィールド中和を行う。
縁の下の力持ち。
それだけではすまされないぐらいの圧倒的なサポート能力を保有している。










クロン
「それもそのはずだ。
 このサポート機はいわゆる、
 源流があのテンノミナツと同じ。
 テンノミナツと同じ軸で誕生したシステムなのだから。
 いわば、情報収集版のテンノミナツといってもいい。」


なるほど。
そんなぶっとばしたシステムを保有していたら、魔王たちと対等に戦える。
テツトとはグッゲンハイムの精霊と宇宙システムを両立させたファイターだということだ。










テツト
「シールドを再構築されても敵わん。
 迅速に動くぞ。
 アイル・ハイン!!」

アイル・ハイン
「了解。
 フィジカルブースト。
 燃料上げていくよ!!」


グウウウウウウンンンン!!!!


まだ鎧の宝石の輝きが増す。
ここまで行くと準最高精霊のエネルギーを超えている。
いや、正確には準最高精霊が管理するだけのエネルギー量を超える。
それこそ暴走という領域に突入する。


それを可能のしているのはアノ管理システムか。
成程。
相性がいいということか。

基礎能力を単純に強化させる『命』の最高精霊アイル・ハインの特徴。
そして、暴走を防ぐだけのシステム。
アイル・ハインはそれこそ後先を考えずに、使用者の身体を考えずにエネルギー増幅が可能である。
その違いは大きい。


リミッターを解除しても、制御できるシステムが存在するのだから。
それこそ好き勝手暴れることが可能だ。



15話へ

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP | next >>

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード