FC2ブログ
2010・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2010/11/11 (Thu) 21話

テツト「宇宙銀河剣!!!!」

白銀の柄から顕在した光の刃。
言葉を知っているなら、かくも呼ぶであろう。
ライトセイバーと。


ライトセイバー。
製作コード名『カファルゴルニカ』。
有象無象の敵を切り裂く、光粒子の刃である。



シュウウウウウウウウウウウウウウウウ。
その刃がテンノミナツに降り注ぐ。






テンノミナツ
「ۈऔऐ۸ۈিਊ২ਊঠਇ३ਦડଐળળିକକ੧ୃੴேతಉದಡತಧఆ
(遥か彼方より無限領域に潜む龍の咆哮を聞け。)
 ಷುസฝืດปฦഉ๑ฮ๑ต๎ທ
(その龍の腕は星をも揺らぐ)
 ༹༘ໜຟໝ໕
(大地を震撼させる。)
 ཐ໕༾ഥൌูཀྵ༹ྟཌྷཨ༟྅ົཕ༒
(星をも揺るがす腕の力を)
 ྂཡჵᄳᅎ ᄡᄡᅍჟჟႭუ
(略式、星揺腕)」


テンノミナツは甘んじて攻撃を受ける気はない。
それはそうである。
コレはやられ役の敵ではなければ、相手を侮っているわけではない。
正真正銘化け物同士の戦いなのである。
決闘である。
血で血を洗う血戦なのである。

それを奢りを見せる竜ではない。



テンノミナツの光の腕(かいな)。
テツトのライトセイバー。

双方が衝突する。














バジイイイイ!!!!

受け止めた。
テンノミナツは素手でテツトのライトセイバーを受け止めたのである。






テツト
「真剣白羽取りだと・・・・・・!!??」

アイル・ハイン
「体格に見合わず器用!!!!」



ここからのゴリ押しは明らかに無理である。
体格の次元が違う。
4トンの恐竜と80キロ前後の人間では明らかに差がある。
そもそも比べる方が愚かである。


ーーーーーーその瞬間、魔王の詠唱が聞こえた。




22話へ

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(6) |


| TOP | next >>

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード