FC2ブログ
2011・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2011/03/28 (Mon) クスフィー・ルクス

通常
クスフィー・ルクス



パーソナルデータ。
主人公の愛人
男性。
ルクス貿易会社社長の息子。代表取締役の一人。
身長169センチ。
体重 55キロ。


経歴
~幼少期~
フェルト国家第2都市ノックスに生まれる。
父親が貿易企業の社長ということもあり、よく海外に連れて行かれている。
特に幼少期からそれが徹底されているので、どの文化圏に行っても順応できる体質になっている。
この頃からフェルト国家という枠組みを超えての思想を持つ礎が形成されていた。

~少年期~
この頃になっても生活は変わらずである。
初等教育には在籍していたが、形骸化している。
実際には家庭教師をつけての教育が主であり、初等教育学校の門すら通ったことがない。
父親であるルクス貿易会社社長と外で一緒に仕事をみることに従事していた。
その甲斐あって、この頃から仕事についても口を出すことが出てきた。

~思春期~
高等教育は飛び級して、大学へと入学する。
フェルト国家首都ベネッサにある大学で経済学を専攻している。
海外の文化にも精通していて、大学でも舌を巻くほどの国際経済に精通する知識を持つこととなる。
交友関係に非常に広い為、男性女性問わず交友関係が広い。

~成年期~
大学卒業後、アルファンガードとはお見合いにて出会うこととなる。
それ以降の付き合いであるが、アルファンガードが彼に本気でないように、クスフィーも彼女の本気ではなかった。単なる友達…というスタンスで付き合っている節がある。傍から見ればそれは異常にも見える。



性格診断
控え目な性格ながら、社交的な人物。
諸外国を回っている関係もあり、物事を公平に見られる冷静さを兼ね備えている。
物欲と道徳観がうまく絡み合っており、世界がどういうものかを冷静な目で見ている。
かなり知識派で理論家な部分がある。

多趣味であり、さまざまなものに興味を示す。
かなり新しいもの好きであり、新商品があればとりあえず買ってみるというスタンスをとっている。
この革新的な思想を持ち続けていることが彼にとってのパーソナリティの一つである。


深層心理としては、性格的に内向的な部分がある。そのため、人と接し続けることは彼にとってストレスと感じる部分がある。表面的に付き合う分には問題ないが、深く付き合うとなるととたんに内気になる性格である。だが、貿易関係の仕事上常に人と接し続けることになるので、それによるストレスを感じている部分がある。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード