FC2ブログ
2012・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2012/12/27 (Thu) 2話

仕事絵空(朝)


シオン
「何が難しいの?」

アンリ
「・・・・・・・シオンか。」



目下最大の心配事項が現れた。
彼女の対応が難しい。
非常に難しい。
・・・・とりあえず、どうするべきか。
考える必要は無い。
普通に接すればいい。
それが一番無難である。
特別に考える必要は無い。
同居人。
そのスタンスを変えなければいいのだ。
アンリは結局、そう決着する。




アンリ
「放火事件は私にとって、最優先解決事項だ。残念ながら。
 あれが解決しないと他の仕事もできない。だから難しい。」

シオン
「ああ・・・・・・。怖いわね。街中で火事っていうのも・・・・。
 ボヤで済んだからいいけど、本格的な大火事になったら・・・と思うわね。」



それが普通の反応だ。
それを望んでやっているのだろうか?
・・・確かにスパイならそういうことをやっても問題はない。
それと同時に・・・・。
獣人タカ派にもその動機は当てはまる。
不安にさせれば、政治不安を招く。
そうすれば魔王に矛先が回る。
そうして、魔王を転落させる。
そのためにボヤ騒ぎを起こしている。


・・・・・。


・・・・・・そんな馬鹿な。
と、言いたくなるような理由だ。
そうしても、次の首長に誰がなる?
・・・・という話になる。


あまり生産的な話ではない。
・・・・どちらにしてもだ。





なんにしても、証拠と犯人を見つけるのが先だ。
それはまあ、警察の仕事である。
アンリの仕事ではない。
アンリはこうやって、シオンと付き合っていればいい。
犯人は警察が見つけてくれるだろう。
あるいは、シオンが犯人だとすれば自分からボロを出すだろう。
アンリが秘書としての仕事。
・・・・それはシオンと一緒に住むこと。
そして、これらの事件でなるべく治安を悪くしないように整備すること。
それがアンリの目的となる。

アンリ
「シオンは今日はどうするんだ?今日は休みだから。
 ・・・・・僕がいるから大丈夫だ。」

シオン
「今日は病院に行こうと思っているの。って・・・・あれ?
 ……今アンリ、『僕』って言った?どうしたの?」

アンリ
「…………。」



アンリは何も答えない。
けれど、その沈黙は明らかにその言葉を何よりも雄弁に肯定してしまっていた。
シオンはふふ、と小さく笑った。
なんだかおかしい。
一人称が変わっただけでも、ちょっと雰囲気が変わるものだと笑ってしまった。
そんなシオンに対し、アンリは憮然としている。
けれど特に何も言わなかった。
確かに心を許し始めている。
・・・・というのは正しいのだろう。
一緒に住んでいれば情は出てくる。
それは当たり前のことだ。
アンリもまた。
その情が出てきたということなのだろう。
それは致し方ないことである。
最大の問題なのは気を許しすぎないことである。
仮にもスパイということであったら。
これはかなり致命的なことになりかねない。
いざと言うときでもすばやく、迅速に判断しないといけないこともあるだろう。
それはしっかりとしないといけない。




アンリ
「・・・・なんにしても。病院までは送るよ。昨日の今日だ。 
 何かあっても不思議ではないからね。」

シオン
「ありがと。・・・・・・・・ふふふ。
 本当にありがとう。嬉しいわ。」


シオンにとってはしてやったりなのか。
なんにしても、アンリの変化がわかったことが嬉しいのかもしれない。
徐々にだが、二人の関係は仲良くなっている。
それは間違いないのだろう。
傍目からみてもそれは分かる。
別にそこまでは良い。
問題はない。
問題があるとすれば・・・・。
彼女がスパイの可能性がある。
それに尽きるだろう。
距離感を縮めるのは良い。
だが、油断はしてはいけない。
随分と難しいものだ。
アンリはそう思った。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード