FC2ブログ
2013・01
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/01/19 (Sat) 5話

仕事絵空(朝)


シオン
「ねぇ、時間は大丈夫なの?普段であれば出勤している時間だけど。
 今日はのんびりでいいのかしら?」

アンリ
「問題ない。ちょっと確認したいこともあるから。
 事前に魔王に言ってある。昼から出勤することになっている。」

シオン
「結構いい加減な職業ね。秘書って。」

アンリ
「そうでもないさ。自分はかなり特殊だ。
 事務関係は別の秘書がやっている。言うなれば、現場向き秘書だ。」



秘書と言っても色々ある。
事務関係の管理は勿論仕事の一つはあるが。
トップや議員の目となり耳となる。
それも仕事の一つである。
議員やトップは仕事量が多い。
それこそ色々な場所へ行く必要がある。
だが、全部行くことは不可能である。
そのため、実際に秘書が現場に行く。
そこで情報を収集する。
そして、それをトップに伝える。
そうした現場向きの秘書もいる。
アンリは現場向きである。
魔王の目となり耳となる。
そして情報を伝える。
そこから先は魔王が考える。
そこまでのスタンスである。
身分不相応というのがある。
アンリ自身、そこまで大それたことはできない。
・・・と自分で思っている。
だが、情報収集。
そして管理能力。
それらを生かすことはできる。そうやって、仕事をやっていく。
それが秘書という仕事である。
少なくともアンリの仕事である。






ここで、秘書という仕事。
特に魔王の秘書という仕事ということで考えれば。
かなり特殊性がある仕事である。
何でもこなせなければならない。
・・・というのがある。
普通の秘書ではない魔王の秘書なのだ。
魔王は殊更。
性格上の問題もあるのだが。
外交に赴くことは滅多にない。
そして、議会などにも顔を出すことはまずない。
秘書でも彼と出会えるのは滅多にいない。
アンリを含めて5,6人いる方だろう。
加えて、魔王自身も魔王の秘書という肩書きで行動しているときが多い。
そのため、誰が魔王なんだか分からない状況である。
要するに。
魔王の影武者のようなことをこなさないといけないわけだ。
魔王の代わりに外交もするし。
魔王の代わりに議会にも出る。
魔王のように行動することも多々ある。
アンリの場合、殊更魔王と風貌が似ているということもあるため。
それを特に要求される。
魔王を演じたことが何度あったか。
それが通常の仕事になる秘書だっているということだ。
それは仕方ない。




他にも。
魔王は事務処理をとことん嫌う。
そのため、事務処理を統括する秘書も必要である。
事務処理を魔王の意向どおりに管理する秘書。
その手の統括秘書も二人いる。
今回の話には出てこないので省くが。
その一人が魔王の愛人なんだから、なんだか魔王利権使いまくりである。





首長らしいことはすべて影武者任せ。
事務処理も秘書任せ。
ならば、魔王は何をやっているのか。
文章や状況に合わせて、合理的に意向を伝えているだけだ。
グッゲンハイムの場合、パワーでトップになるケースも少なくない。
このクロノス自治区も例外ではない。
魔王がクロノス自治区で一番強い。
だから、トップ。
その単純なルールが存在する。
だが、力が強いだけでは政治ができない。
だから、秘書は多分に存在感を発揮するのだ。




魔王の場合は加えて、あらゆることを相当に合理的に判断する。
徹頭徹尾。冷徹といわれようとも。
合理的に行動する。
そこに感情はなく。
そしてプライドも信念もない。
だから、魔王は政治家として向いているのである。
政治家特有のプライドや信念など全くない。
単純に物事を合理的に解決するのみ。
それしか考えていない。
そこに感情も信念もない。
だから、魔王は政治上手だと世間では言われるのだ。





力、政治。
どちらに関してもクロノス自治区のトップは魔王。
クロン・ウェスターノであることは間違いない。
それを支えている、秘書はこの仕事を栄誉だと思っている。


アンリも例外ではない。
アンリが魔王に絶対的な服従心を持っているのはその合理的な判断ゆえもある。
彼以上の合理的かつ冷徹な判断を下せるのが魔王である。




アンリ
「じゃあ、行って来ます。」

シオン
「ええ、行ってらっしゃい。」







ガチャ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード