FC2ブログ
2013・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/07/01 (Mon) 21話

a1270_000013_m.jpg


21話 「待ってくれていた。私の想い人。」




「ごめんなさい!!!」




10分ほど待ったら、
駆け足でかなり焦った表情で来た。

俺の顔を見ると、少し安心した表情も見せていた。
俺が先に帰っているかもしれないと思ったのかもしれない。





まあ、確かに何かと理由につけて帰る可能性がある。
・・・ということは、ひょっとしたら、柚子から言われていたのかもしれない。

柚子は俺の性格を把握しているし、
俺は柚子の性格を把握している。





多分この状況だと、諸事情を柚子に任せて。
もとい、柚子が引き受けて、
無理矢理下駄箱に向かわせたと考えるのがベターである。









「大丈夫だよ。
 別に先に帰ったりしない。」


少し笑顔で答えた。



「あ・・・・・。」



七井さんは顔を下に向けた。
そして、顔が真っ赤にさせている。
蒸気している身体。
照れているからなのか、走ってきたからか。
どちらともなのか。


少しその姿に魅せられる。
この人は本当に正直な人なんだと思った。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード