FC2ブログ
2013・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2013/07/04 (Thu) 24話

a0007_001670_m_convert_20130612215712.jpg


24話「皆さん、紫陽花の恋を思い出してください。」



「ねえ、神楽くん。焦らなくていいからね。
 私は・・・その待てる・・・・から・・・・・。」



一緒に帰っている間際でそっと声をかける七井さん。


それは分かっている。
だが、うまく返事ができない。
しようと思うとつまる。



どういう返事をしようか迷う。
肯定の意味の返事をしようと思っているのだが。


それでも考えてしまう。
どう返したら、いいのか。




紫陽花を見た。
紫陽花の色は昨日より変わっていた。





それでも、昨日の落ち込んだ心境より変わっていた。
良く方向に感情が移ったということだろうか。
昨日見た紫陽花。
昨日とは赴きが違った。
俺の心も違っていたのかもしれない。





「手を・・・繋いで帰ろうか。」


「うん。」




手を繋いだ。
手は暖かくも冷たくもなかった。
だけど、俺の心も身体も熱くなった。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(8) |


| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード