FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2020/09/05 (Sat) 40話(11月14日 9時 シェクスピア)

シェクスピア立ち絵02

40話(11月14日 9時 シェクスピア)






・・・。
・・・・・。
・・・・・・・・。
凄いな。。。。。
魔王に皆殺しを指令に出したら、あっという間に遂行してしまった。
やっぱり魔王は魔王ということで。
ウェスターノ計画の完成品というわけか。。。
要するに。
明確な指令を出したら、その通りに遂行するだけの力がある。
圧倒的な魔力と叡智を保有する、正に「魔王」というわけだ。
半分人工的な魔王ということでは完成品に近いだろう。


ルネ女史のみが伴侶だったときにはダークヒーローだった。
相当なダークヒーローだったのだろう。
今回の戦いで、悪辣な方法は見た。
かなり強いパワーを保有する魔王だ。
やっぱり魔王は使いようなのだろう・・・とつくづく実感する。。。





ミセス・ミルフィールだけでは駄目だし。
ルネ女史だけでも駄目。
どちらも両立して、その仲介があれば。。。
魔王は、間違いなく、西大陸の統治を可能とするだろう。
それだけの力は保有している。



クロン立ち絵03


クロン
「どうした?」


シェクスピア
「いやあ、アンタの能力は凄いなあ・・・って。」


クロン
「何を今さら。
 今までずっと見てきただろう。」


シェクスピア
「まあ、そうなんだけど。。。」






当の魔王は、というと。
普通にしている。
魔王は動じない。
どんなに悪辣な方法で敵を殺したとしても。
それには動じないということだろう。
やっぱり魔王は魔王か。。。



まあ。
魔王はいつも通りしているだけなんだろうけど。
それにしても。
凄いと言えば凄い。



s4(昼)



クロン
「・・・。
 ・・・・・・。
 ・・・・・・・・ン。
 ミルミルから連絡だ。
 フロルとロークを残して、クロノス市に帰還しろって。」



シェクスピア
「まあ、事実上戦闘は終わったしね。
 ミルフィールがそう言うってことは。
 フロルとロークを残しておけば、ホルンの森の実効支配は出来るってことか。」



クロン
「まあ、そうだろうな。
 ここでの戦闘は完全に終結した。
 後の処理に関しては、フロルとロークで事足りる。
 
 主力はクロノス市に戻って、これからを話し合うってところだろう。」


シェクスピア
「そうね。。。。」




ここでの戦闘は終結した。
死体の後処理などは魔王がいなくても出来る。
問題はこれからのことだろう。
目下、課題なのは。
シュライン国家とこれからどうするのか。
後は、復活したリース・ガザルベルクをどうするのか。
そこが課題になる。


それらは話し合いが必要だし。
すり合わせも必要ということだ。




まあ。
こんなところにいつまでも居ても仕方ない。
戦闘は終わった。。。。



残ったのは。
街の瓦礫と廃墟。。。
ここから、また復興するのは大変だな。。。







シェクスピア
「この街が復興するのも時間がかかるわね。。。」


クロン
「心配ないさ。人は死ななかったんだ。
 金と時間と人があれば、町の復興はできる。
 ・・・。
 ・・・・・。
 ・・・・・・一番問題なのは、私の金が捻出されることなのだが。。。」


シェクスピア
「大金持ちなんだから、それぐらいはしないさ。」



クロン
「ミセス・ミルフィールは平和のための支援に、私のお金を使いすぎている。
 まあ、融資という形だから、お金は戻って来るようになっているが。。。」



魔王は研究者としての側面が高い。
それを考えると。
やっぱり、その叡智によって、お金儲けに関してはすごいことになっている。
小国の国家予算ぐらいのお金は持っているので。
ケチケチせずに使えば良いのに。。。
って、ミセス・ミルフィールは使っているのか。。。
正当な使い方だ。。。
魔王だけに使わせていたら、煙草で終わってしまうだろうから。。。






ライサ市は元に戻る。
魔王曰く。
金も時間も、人もいるのだから。。。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


| TOP | next >>

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード