FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2011/11/02 (Wed) 12話

執務室昼800

クロン
「まあ、乗り気でなかったらいい。
 残念だが、彼女には人身御供になってもらうしか…。」

ユキノ
「私がいつ断るといいましたか?」





言葉をさえぎるように言う。私は断る気はない。
おそらく私が断れば、彼は本当に拉致された少女を見捨てる。



それは間違いない。
彼はクロノス自治区を守るために人でなしになる。
そういう男である。




それは彼の立場上仕方ない。
だが、私は違う。
個人であり、身動きはとりやすい。
私の今までの人生観から言って、今回の依頼を断ることはない。
断るわけがない、焔流派の生き方からも。






クロン
「・・・・・・・・・。・・・・・・そうか。」





薄く笑ったような気がした。してやったりという笑みなのか。
それとも、純粋に喜んでいるのか。
推し量れるほど、分かりやすい男ではない。
それも重々承知していた。





・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・・・。
・・・・・・・・・。





・・・・・。
・・・・・・・。
・・・・・・・・。
・・・・・・・・・。








ユキノ
「・・・それで、今すぐ準備に取り掛かればいいのですか。」

クロン
「そうしてもいいのだがな。根回しと情報収集が必要になってくる。
 戦争にでもなったら目も当てられないので。」

ユキノ
「シュラインとの外交官と交渉をされるのですか?」









クロン
「・・・・・状況が読めない。今の段階では。
 国家自体の陰謀なのか、あるいは個人の欲望なのか。
 その辺の確信が持てないと、こちらの対処も大きく変わってくる。
 
 誤解とかで戦争になるのが一番やってはいけないからな。」


ユキノ
「・・・・確かに。
 やりたくないやりたくないと言っておきながら随分と政治家ですね。」






かなり動いてくれている。
それは間違いない。
戦争回避に尽力している。
昔は弱い奴を倒すだけの馬鹿野郎だったが。
勇者に倒されて色々方針転換したということか。
封印されて力が制限されているのもあるのかもしれない。
その分権謀指数は高くなったような気がする。
これで魔王が力を戻したら・・・それこそ勇者にも負けないような気がする。











クロン
「任された限りはやるさ。リミットは明日の昼までにしておく。
 交渉で返せるのなら返してもらう。。
 返還が不可能なら、明日の夜にでも救出作戦を行う。
 手はずはこちらで整えておく。
 

 今すぐライサ街へ準備をしてくれ。
 現地の情報収集はユキノがしてくれ。」




ユキノ
「明日の昼まで・・・・その間誘拐された人をどうするんですか?」
 
クロン
「我慢してもらうしかない。」







色々動くのにも時間がかかると言うことだろう。
誘拐された少女のことを思うと少し胸が痛い。



だが、私が急いて戦争にでもなったらもっとも多くの人が痛みをもらう。
それも避けたい。・・・・・・少女には一日だけ我慢してもらうしかない。


私も準備が出来ない。
魔王の準備ができないだろう。



・・・これが自治区内のことなら警察がすぐに対処できるのだろう。
だが、失敗すれば助ける人がいない。



ならば一日我慢してもらって100発100中の救出をするしかない。
乱暴目的に誘拐したのだとすれば、即刻殺すことはあり得ないだろう。
運がよければ、しばらく捕虜として扱われる可能性もある。


今・・・・誰かが乱暴にあっている。
それを思うと胸が痛く思えた。









ユキノ
「・・・・・そういえば本来の要件はなんだったのですか?」

クロン
「・・・・ん?いや。まあそれはいいさ。
 とりあえず保留でいい。」





魔王がそういうのだ。
あまり大した用事ではないのだろう。
それよりも今は救出作戦のほうが筋であるのだろう。
私も魔王も気持ちを切り替えて動くしかない。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(18) |


<<その22 | TOP | 11話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


楽しく読ませてもらっています。 

ファンタジーでありながら、政治の話が絡んでくるのが面白くていいですね!
しかもなかなか複雑な内容で。
ユキノさんの活躍も期待しております。

2011/11/03 20:15 | 呼鳥 [ 編集 ]


Re: 楽しく読ませてもらっています。 

このあたりはグッゲンハイムの特徴ですね。
・・・まあ、クロンが主人公のときの特徴と言ってもいいかもしれません。
なかなか政治が絡むときがあるので面白いですよ。

2011/11/04 07:04 | LandM [ 編集 ]


 

クロンの頭の中で取引がどうなっていくのか、情勢がどうなっていくのか、気になるところです。

ユキノの働きによってそれは影響を受けるのでしょうか。期待!

2011/11/05 13:04 | けい [ 編集 ]


けい 様へ 

まあ、その辺は後で語られることですね。
なんだかんだでこの二人はやっていくのが凄い二人です。

2011/11/06 20:50 | LandM [ 編集 ]


 

お久しぶりです。

外交問題って難しいですよね。
北朝鮮みたいに面倒な国もたくさんありますしね。カダフィ大佐みたいなこともありますし…

人の命を巡っての駆け引きはいろいろあると思います。多くの人間を護る為に少数の犠牲は止む終えない…そんな状況下は難しいですね。

それでは、また!

2011/11/16 08:14 | 振り替え休日 [ 編集 ]


振り替え休日様へ 

こちらではお久しぶりです。
確かに外交問題はいろいろ考えることがあると思います。
自分ひとりならともかく、色々なものを抱えて話し合うこともあるので。
その辺を考えて判断しないといけないですからね。

2011/11/17 18:50 | LandM [ 編集 ]


 

 こんにちは。
ユキノさんっ… 苦労性か いや 唯 単に
クロノに関わると 誰でも 苦労性になるような気が
してきた。
本当に 正体をつかめない 得体の知れない雰囲気を
纏った 御人ですなぁ。

2012/03/14 14:05 | ウゾ [ 編集 ]


ウゾ 様へ 

あの男に関わるとろくなことがないのか。
ろくなことがない女性が寄ってくるのか。
それは定かではないですけど。
どのみちあまりよい・・・人ではないですね。

2012/03/14 21:53 | LandM [ 編集 ]


おはよ 

いよいよ救出作戦開始ですかね・・・

2012/03/15 08:14 | かぶとも [ 編集 ]


かぶとも 様へ 

そうですね。
こういう準備段階もしっかり書くのが好きな才条 蓮です。

2012/03/15 13:45 | LandM [ 編集 ]


 

人質は、上手く助けることができるのでしょうか。
なんとなく、ユキノのほうが、頼るになるイメージが強いですが。
カッコいいクロンの活躍にも、期待します^^

2012/06/20 08:34 | lime [ 編集 ]


lime 様へ 

クロンは今回裏方なので。
あまり大雑把に活躍しません。
ユキノが主人公ですからね。
呼んで頂きありがとうございます!!

2012/06/21 06:58 | LandM [ 編集 ]


 

問題を表面化して委ねる。というのがやはり外交的には平和的ですかね。しかしそうなると誘拐された少女の安否が怪しくなるのは当然で。
ほんとうに一介の軍人の暴走なのか。組織的に行なわれている可能性が分からない以上、現状は情報不足でしょうからそれに尽力尽くすのがベターでしょうか。誘拐された人物が大物ならあるいは表で行動も……?
潜考巡りますねえ。

魔王の画かっこよかったです。

2013/09/09 08:38 | 青井るい [ 編集 ]


青井るい 様へ 

こちらの立場から考えれば、ということになりますが。
基本的に、魔王はベターな政治的判断をすることが多いですね。
間違ってはいないんでしょうけど、絶対正しいということはしない。
どちらかというと、内政の方が上手な人です。

魔王はこのグッゲンハイム通じての主人公なので、
ちょっと気合を入れております。

2013/09/10 05:43 | LandM [ 編集 ]


 

こちらを読ませていただいております。
クロンさん、会う人ごとにいろいろな面を見せる人なんだなということが段々に分かってきました。底知れない人なんだなあ。

ショコラさんが大ピンチですね。
どうなっていくのか。ショコラさんは私にとってまだまだ謎の多い人なので、彼女についても気になります。
またゆっくり拝読させていただきます。

2015/05/11 16:36 | 椿 [ 編集 ]


椿 様へ 

魔王は会う人によって全く印象が違う男です。
共通点があるとしたら、煙草を吸ってることだけか。
まあ、それはそれでいいんだけど。

ショコラは設定が深いのですが、
それを書いていると面倒なことになるので割愛。
次回作にお楽しみです。
またゆっくり呼んでくださいませ!!

いつもコメント感謝です!!
(T_T)

2015/05/11 19:13 | LandM [ 編集 ]


 

こんばんは〜第一章読みました!
すっごいおもしろかったです! ぐいぐい惹き付けられました。
グラド君のお話の時にも出てきていましたが魔王様の
ことがいろいろわかってよかったです。
グッゲンハイム版久遠先生みたい……愛人がたくさんなとことか。
通りすがりの勇者のエピソードも気になりますし、
すっかり魔王様のファンになってしまいました。
題名の意味が今回で繋がりました。
今回はユキノが主役格なのですね。
アクの強いキャラの中で彼女の清涼感が眩しかったです。

アルンはやはり娘のことが気掛かりなのですね。
今気付いたのですが娘誘拐から二年後、
グラスツールのお話から一年後という解釈でよろしいのでしょうか?
年代物というのも物語に深みを与えていて興味深いです。
また引き続き読ませて頂きます〜

2016/04/26 20:42 | canaria [ 編集 ]


canaria 様へ 

勇者は魔王と同じくらいの主人公なので。
今回の話では出てこないですが、そのうち出てくる魔王と比類する主人公の一人です。
魔王は魔王で主人公ですからね。
そこの魅力を感じて頂けると良いと思います。
この話ではユキノが主人公であって、魔王は主人公ではない。
・・・ということであり、魔王は存在感はありますが、主人公ではないということになります。

時系列から考えると、グラル学園の一年後です。
この辺はクロノス自治区の時系列でそれぞれの出来事を追っている。
・・・という話になります。
深みはあると思いますので、読んでくださいませ。

毎度ファンタジー小説のコメントありがとうございます~~!!
(/・ω・)/

2016/04/27 20:52 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1056-23b68929

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード