FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2011/11/29 (Tue) 2話

ライサ森夜800×600



カキン。



刀を抜く。自分の刀の具合がどうか。
確認するためである。
抜刀術というのがある。
刀を抜いて斬る技だ。
刀は特殊な武器だ。
少し刀の芯がずれていると、鞘から抜けないこともあり得る。
確かに刀は強力な武器だ。
グッゲンハイムの世界では近接戦闘最強の武器のカテゴリーに入っている。
だが、その分利用者を選ぶ。
手入れや技量が少しでも不足していれば全く役に立たない。
だからこそ、使う人物が少ない。
実戦で使えるだけの兵力が圧倒的に少ないのだ。





ユキノ
「さてと・・・・・・。行こっか。」




カチン。



・・・問題ない。
刀の具合もクリアしている。
まあ、今回の依頼は救出がメインだ。
これを使う時点で任務失敗の要素が強い。
使わないなら使わないに越したことはない。
秘密裏に救出できればそれでいい。




今回の一件は手筈はこうだ。






作戦概要自体は簡潔かシンプルだ。
外の中も大騒動にすれば救出はしやすい。
これなら人数は要らない。
私一人で大丈夫だ・・・・。






・・・・確かに問題はどうやってそれをするか?
ってことになるんだろうが。



その辺は適当にするのだろう。
魔王のことだから。

このあたりは面倒くさいのではしゃることにしよう。
まあ、魔王のやり方ということだ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<その19 | TOP | 1話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1080-2b273f7e

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード