FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/01/04 (Wed) 6話

ライサ酒場朝人物アリ(800)

クロン
「この街に襲撃があったのは知っての通りだ。巫女が誘拐された。
 どのような目にあったかは知っているだろう。」

ユキノ
「語らずとも。」


あまりあのことに関しては目を背けたい。
・・・・が、そういうわけにも行かない。
事実は事実だ。
かなり厳しい事実であるが。
グッゲンハイムという世界では仕方ないのかもしれない。
あまり見ていると。
シュライン国家に殴りこんで行きそうなので考えるのをやめている。
・・・というのもある。
本音から言えば、そういう感情になってしまう。
それもあって、なるべく考えないようにしている。
戦いを、むやみやたらにすべきではない。
教えでもあるし、加えて同義的にも良くない。
それは歴史も。。。。
証明していないか。
グッゲンハイムの歴史では。





クロン
「可能な限り。この街に襲撃されるという事実そのものを避けたい。
 これ以上この街の住民に不安を与えたくない。
 だから、この街の軍隊が襲撃を察知する前にだ。
 ユキノがシュラインからの襲撃を撃退してほしいということだ。」


ユキノ
「ちょっと待って下さい。私ひとりでは無理ですよ。
 100人や200人を相手はできません。正規軍であれば。」





クロン
「その場合は勿論、軍隊で対処する。
 4,5人の乱暴目的の輩がやってきたら撃退してほしいということだ。
 アレクの部隊は少数人数でこの街に何度も足を運んでは拉致をする。
 ここまで表面化した以上、安心のために襲撃自体を防ぎたいのでな。」

ユキノ
「畜生の率いる部隊は部下も畜生ということですね・・・。」



・・・・考えてみれば。
表立って、シュラインの軍隊がここに攻め込んできた事実はない。
それは事実なのだろう。
シュラインとて本格的に魔王と戦争する気はない。
アレク本人も本格的にクロノス自治区で乱暴する気はないのだろう。
だが、乱暴はしたい。
だから、ターゲットを一人に決め込んで少数人数で襲撃する・・・という形なのだろう。
自らの欲望を満たすためにそこまでするとは・・・!!
やはり、出会ったときに叩き殺すべきだったか・・・と思ってしまう。
・・・いや、待てよ。
どうして、そんな依頼を私に頼むのか。
それこそ特殊部隊を編成すれば問題は解決するはずだ。





ユキノ
「ですが、それならばそれ相応に対応すればいいのではないですか?
 秘密裏に軍隊に特殊部隊を編成して撃退させればいい。
 今回の依頼を断る気は・・・まあ、ないですが。
 私を依頼する理由を教えてください。」



クロン
「それは一つ目の注意と関係している。
 ・・・シェクスピア・ノアールの存在だ。」

ユキノ
「シェクスピア・ノアール?
 ああ、救出の際に一緒にいた厚化粧の女性ですか?」

クロン
「・・・本人の前で言うなよ。」

ユキノ
「言いませんよ。」 


あの女性とは相性が悪い。
なにがどう悪いということは無いのだが。
会った瞬間分かった。
相性が悪いと。
それだけではなく。
本能的に警戒しないといけない。
・・・・と思った次第であり。
出来れば会いたくない。
なんだったら、話も聞きたくない。
それぐらいに嫌悪感を持ってしまう。
・・・・う~~~~ん。
私はそこまで偏見がある人だっただろうか?
疑問に思ってしまうが。
本能的にそう思ったので仕方ない。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(4) |


<<その24 | TOP | 5話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

クロンとユキノのテンポ良い会話が楽しいです。これからは密談になるのでしょうか。

女子同士の相性は本能で感じるんですよね~
出来れば仲良く・・・

昨年は、訪問・コメントありがとうございました。
今年も宜しくお願いします^^

2012/01/04 18:20 | けい [ 編集 ]


けい様へ 

意外にこの二人を組ませるとどうなるのか・・・。
まあ、不安がありましたら、書いてみると結構。
・・・という感じでしたね。
ユキノは黄輪様の別作品のキャラクターを引っ張ってきていますからね。

あの二人は仲良くないんですよね。
そういう風になんだかなってしまいました。

今年もよろしくお願いします。

2012/01/05 07:03 | LandM [ 編集 ]


今年もよろしくお願いします 

厚化粧(笑
たしかに女性2人はなんだか水と油っぽいですね。

シェクスピアのしたたかさもいいですが、ユキノさんの高潔さもいい。
どちらも違う魅力を持っていて、読むほうとしては素敵なのですが。


昨年は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

2012/01/05 20:33 | 呼鳥 [ 編集 ]


呼鳥 様へ 

なかなかこの二人がどうしてあれなんでしょうかね。
・・・というような仲になっております。

相性という問題はあるのでしょうけど。

今年もよろしくお願いいたします。

2012/01/06 07:45 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1135-33b642e3

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード