FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/03/05 (Mon) 13話

ライサ酒場夜人物アリ(800)

カランコロン。

ユキノ
「ふう……これで一息つけますね。」




結局、また元の喫茶店に戻ってくる。
一番落ち着けるのがここなのだ。
敵味方その中間、すべてが集う酒場ということである意味すごい場所である。
いざこざがありそうで、みんな起こさない。
ある意味聖地みたいな酒場になりつつあるような…気がするが。
まあ、一人この店が大嫌いな某エルフはいるか。
…まあいい。ともかく、また注文しよう。
もういい加減な時間になった。
カクテルぐらい注文してもいいだろう。





ウェイトレス
「あ!!!この方です!!食い逃げしたのは!!確信犯です!!
 念入りに気配遮断の魔法を使ってまで食い逃げしたんです!!」

ユキノ
「・・・・・え?」




しまった!!!何か違和感があるかと思ったら、支払いをしていない!!
それでは食い逃げではないか・・・・!!






警察
「確保おおおおおおおおお!!!」

ユキノ
「ち…違う違うのよおおおおおおお!!!!
 誤解なんですよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」






ドドドドドドドドドド・・・・・・。


・・・・・。



・・・・・・。




・・・・・・・。




・・・・・・・・。




クロン
「・・・・・・なんかすごいことをしているんだな。」

ユキノ
「ふううううううううう~~~~~~~~。
 助かりました。魔王。あうやく前科一犯になるところでしたよ。」



危なかった………。
偶然魔王がまだライサ街にいてくれたから助かった。
魔王に隠密捜査の途中と言うことを店員に言ってくれて納得してもらった。
多少疑惑の目つきで見られているのが厳しいが・・・・・・。
そのあたりは我慢するしかない。
それにしても初めてかもしれない。
魔王に感謝したのは。




……いや、やはり国家権力というのはすごいというのを痛感した。
まあ自治区なので国家権力とは微妙に違うところがあるがそれはいい。
やはり政治家に知り合いがいるというのは何かと有利に働く。
しかし、魔王が仕事で首都圏内に戻っていたらだ。
本当に食い逃げ犯の現行犯で捕まっていただろう。
そうなると、焔流派の面汚しを超える。
人としての面汚しになっていた・・・。
そういった意味では魔王と協力関係を結んでいて助かった。
・・・ん?そもそもこの依頼は魔王からのものだ。
もとを正せば魔王が原因?







クロン
「焔流派はボンビラス街道まっしぐらな流派でも食い逃げはいかんぞ。
 それだと単なるボンビラスサムライ集団になってしまうぞ?」

ユキノ
「違うんです!!不可抗力だったんです!!」

クロン
「食い逃げしたのは事実なんだな。」

ユキノ
「うぐ。………って言うかそんな瑣末なことはどうでもいいから
 さっさと私の話をききなさああああああああああああああい!!!!」

クロン
「え~~~~~~~。」

ユキノ
「え~~~~、じゃありません。」

クロン
「お~~~~~~~。」

ユキノ
「お~~~、でもありません。」

クロン
「おじゃない?…う~~~ん。
 う~~~~~~~~~~~。」




カチン。

クロン
「まあまあまあまあまあまあまあまあまあまあ。
 Aランク以上の武器の抜刀は銃刀法違反で捕まるぞ。」

ユキノ
「…………そろそろいいですかね。」

クロン
「やだ。だって、ここは煙草が吸えないんだもん。」







カチン。

ユキノ
「アナタねえ・・・・・。」

クロン
「わかったわかった。そろそろ事情を聞いてやるよ。」

ユキノ
「お願いします。」

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<14話 | TOP | 1日目>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1206-ac6f00e6

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード