FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/03/09 (Fri) 1話

廊下800夜bmp

アレクサンドラ
「・・・・・・ほう。捕まえるつもりが逆に捕まったということか。」




俺は兵士の報告を今頃のように聞いていた。
乱暴した巫女を連れ戻せという指示だ。



もっとも、結果自体はあの女から聞いていたが。
その結果報告を逃げて帰ってきた兵士から聞く。
随分と荒唐無稽な可笑しな話だ。
彼女ほど犯し甲斐のある奴もいない。
あの強気な少女が崩れ行く様を見てみたい問いのはあった。
それが惚れている?ってことになるか。まあ、その辺はいいさ。
愛情表現なんて人それぞれってことさ。
まあ、彼女はNOを言うだろうが。
・・・・・・それに俺は暴れていたいという感情がある。
俺の本能がそういっている。
人の歴史をたどればいい。
人は理念を語る前からか戦っている。奪い合っている。


つまり、人の本質とは奪い合うことにある。
戦うことにある。それは逆らうことは出来ない。
本能ともいえるところにある。
俺はそれに忠実に生きたいだけである。






結論を言うとだ。
その指示に失敗したのだろう。
腕を組んで目を閉じた態勢は非常に威圧感がある。
報告している兵士はさっきから冷や汗が止まらない様子だ。
…まあ、失敗したのだから当たり前か。
コイツだけ逃げて帰ってきたのだから。







・・・・舐めてくれる。
魔王もフェルトの古タヌキも。
あの女サムライも。
みんなみんな俺らをクソほどにしか思っていない。
動かしやすい駒ぐらいにしか思っていない。
現にそれに踊らされている俺自身ももどかしさを感じている。
もっと俺に力があればと。
・・・・・・いや、そうではない。俺には力がある。
Aランクの武器もある。地位もある。










アレクサンドラ
「根性なしは俺だったか。暴れるんだったらとことん暴れるに限る。
 遊ぶにしても何にしても全力で生きるが生業だった俺だ。
 階級や立場に固執して慎重になりすぎたか!?
 ・・・・・いいだろう。全力でやってやる。すべてを賭けてやる。
 大英雄セロ・デュミナス。賢者アプロディス・デュランダル。
 平和主義者セリス・ナーナウィル…。 
 全て階級や立場に甘えずに全力で生きた大バカ野郎だった。
 俺はそういう英雄になりえない何百何千の凡人に過ぎない!!
 だが・・・・・・それでも俺は俺らしく…生きることはできるはずだ!!
 暴れることは刹那の出来事で死ぬと心得ろ。覚悟を決めろ。」



兵士
「・・・隊長?」

アレクサンドラ
「構わん。すべての非はこの俺にある。責任は全部俺になすりつければいい。
 隊長って言うのはすべての責任を背負うためにあるんだ。
 おい…手勢を数人呼んで来い。もう一度狩にでるぞ。
 今度は俺も付いていく。最後の狩りだと思って全力でついてこい。」






ガシャン。

アレクサンドラ
「『カワウソのガンラスを持つ男』。これを持ってないと格好がつかん。
 ・・・・なあ?そうだろう。相棒。」




『水』精霊恩恵兵器
ガンランス『オター』。
言語化すると『川獺(かわうそ)』の名を冠するガンランス。
シュライン国家総合科学技術科学兵器部門が
開発した銃弾を発射できるタイプの槍。
かなり大型の槍で、全長1メートル50センチ。
背の低い女性ぐらいある質量を誇っている。
シュライン国家が誇る強力兵器の一つである。
水の精霊との親和性が高いシュライン国家。
ガンランスの部位全てが
水の精霊の恩恵を受けている純水属性のガンランスである。
その関係上、すべてが青系の色で統一されている。
川獺が小さく刻印されている。
その昔シュラインの伝承では、
人を食い散らかす獣とされていた。
川獺は女性に化けて、
不埒な男性を喰い殺すという昔話が今でも伝えられている。
そのため、シュライン国家にとっては
川獺という生き物は今でも凶暴な獣と思われている。
武器ランクA+の評価は本物であり、
人を丸ごと破砕することはもちろん城壁や門だも破壊することが出来る。
伝承の通りの兵器としてシュライン国家を知らしめる兵器である。




兵士
「そ…それを持っていくのには許可がいります!!
 でないと、アレクサンドラの名前に傷が付きます。」

アレクサンドラ
「俺の名前だ!!俺が決める!!俺の名前に
 名誉がつこうが俺の名前に傷がつこうが知ったことか!!
 人は自由がままに本能のままに生きるべきだ!!
 俺の本能が言っている。俺のガンランスが言っている!!
 闘争が俺を俺をたらしめる……とな!!
 いくぜ。オター。水辺にたわむれるガキどもを食い散らかす!!」

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<5日目 | TOP | 4日目>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おおお、アレクサンドラいいですね。
やはり男はこれくらい乱暴なのが、見ていて滾りますね。
決して主役をはれるような人物ではありませんが、こういう凶暴な男は大好きです。
暴れっぷりを楽しみにしております。


あ、拙作も読んでくださってありがとうございます。

2012/03/15 22:20 | 呼鳥 [ 編集 ]


呼鳥 様へ 

確かに。
アレクサンドラは主人公にはなれないですけど、良いキャラ設計をしております。
我ながらですが。
この辺りは。
こちらこそ読んでいただきありがとうございます。

2012/03/16 18:44 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1208-98803401

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード