FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/03/28 (Wed) 8話

ライサ部屋昼800


キイイイイイイイン!!

ショコラ
「あれ?シェクスピアさんに貰ったアクセサリーが光っている?」








今まで肌身離さずアクセサリーが光っている。
初めてのことだ。・・・・と言うよりか。
今まで通信したことがなかった。
このアクセサリーは通信としても利用できる。
とてもハイテクなものとなっている。
買えば相当な値段になるのは間違いない。
彼女は国王の娘とも聞いたから本当に効果なのだろう。











ショコラ
「光ったということは通信してきているってことかしら?」


そういえば、使い方を聞いていなかったような気がする。
もっとも説明はしていないと思う。
と言うことは、簡単に使えるということだろう。
たとえば、握って魔力を込めれば通信できるとかそういった類だろう。
そうすれば、相手方のアクセサリーが光る…そういったことだろう。
















キイイイイイイン!!




ショコラ
「ととと…早く出ないと……は~~~い。」

シェクスピア
「はあーい。アルファンガードよん。」

ショコラ
「アルファンガード?・・・シェクスピアさんのことですか?」

シェクスピア
「ととととと。そうよそうよ。シェクスピアさんよ。」

ショコラ
「・・・・・・?」


なんだか随分と違和感がある。
口調も違和感があれば、イントネーションも変な気がする。
だが、声は間違いなくシェクスピアさんそのものである。
……なんだかそれがすごく違和感がある。
不信感が出てくる…が、通信機の影響なのかもしれない。
それで口調やイントネーションが変になっている…と考えられなくもない。












ショコラ
「どうかしましたか?シェクスピアさん。」

シェクスピア
「ちょっとミスってね。シュラインの兵士にやられちゃったのよ。
 それで口調とかおかしいかも知れないわね。」

ショコラ
「え!!??大丈夫なんですか!!??」

シェクスピア
「とりあえず、兵士はひかせたわ。そこまで馬鹿はしない。
 けど、これ以上兵士が来るとまずいかもしれないわね…。」


けど、もしシェクスピアさんがシュライン兵士に捕まったら・・・・・・。
……とんでもないことになる。それは私のときでわかりきっている。
自分があった目にシェクスピアさんが遭遇する・・・・・・。
震えている。自分はとてつもなく震えている。
あんな目に他の人が遭遇してしまうなんて考えられない。
それこそ自分の知っている人が遭遇してしまうなんて。
それこそ耐えられない。
自分はそれこそその事実を知っただけでつらい。
それだったら、自分が遭った方がいい。
私はもう傷ついている存在なのだから。







シェクスピア
「少しでいいけど、手を貸してくれると助かるわ。
 肩を貸してくれるだけでもいいから。」



・・・・だけど、この連絡は少し違和感がある。
シェクスピアさん自身に何か変な感触を受ける。発音や口調が違う。
それにこのような助けを求めるかどうかも非常に微妙だ。
・・・なんといえばいいのか。
要するに、らしくないのだ。シェクスピアさんらしくない。
そう感じる私とショコラさんのやりとりだ。
私の知っているシェクスピアさんは…なんだろう。
もっとドライだけど信念を持った人と言う印象がある。
それとはなんだか違う。しいて言うなら偽物…のような気がする。
私には絶対に助けを求めないような人だと思う。
私に弱みを見せるようなぐらいのプライドが低い人ではない。














ショコラ
「・・・・・・・・・!!」


ふるふるふるふるふるふるふる。


けど、考えてみて。
もし、ここで私が彼女を偽物だと判断して。
彼女がシュラインの兵士に捕まったら?
そして、ありとあらゆる凌辱をされたとしたら。
・・・・・・・!!!・・・・・・・・・・!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!
ダメよダメよダメよダメよ!!!!
そんなことあってはダメ!!そんなことあってはならない!!
あんな凄惨で自分の身体が舐めまわせられる。
細かいところまで清潔にされた肢体がまるでボロ雑巾のように扱われる。
それがシェクスピアさんにされる!!??
そんなことあっちゃいけない。
私よりあっちゃいけない。










・・・・・やはり行こう。
罠の可能性も否めないが、それでももし本当だったらいけない。
それこそ私も一生懺悔の気持ちを持ち続けないといけない。
私が耐えられない。
シェクスピアさんは気にしないかもしれないが、それでも私は気にする。
これ以上私のような目にあうのはあってはならない。
罠でも構わない。
少しでも信憑性があるなら助けに行くべきだ。




ショコラ
「わかりました。場所はどこですか?」

シェクスピア
「ごめんね。場所は・・・・・。」

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<その8 | TOP | その7>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

あっちでは戦っていて、こっちでは不穏な動きが・・・

ショコラ、違和感を抱えたままで、行っちゃって良いの・・・?

2012/03/30 17:03 | けい [ 編集 ]


けい 様へ 

まあ、そんなこんなで進みます。
それぞれ錯綜しているのがおもしろいところですよね。

2012/03/30 19:26 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1225-fbb59555

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード