FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/03/30 (Fri) 10話

執務室夜800


兵士
「だめです!!いません!!」

シェクスピア
「・・・・・・・って、ええええ!!!いないってどういうことよ!!
 ショコラちゃんはどこに行ったのよ。ちゃんと探しなさい!!」

クロン
「・・・・・・・。」




・・・・・・いない・・・か。
なぜショコラがいないか……。





その理由を考えないといけない。





まずはどうやって家から出たかだ……。
シュラインの兵士が秘密裏に侵入してショコラを誘拐した?
・・・・あり得ない。
そんなことができるんだったら、アレクサンドラ自身が勝手にやっている。
その方が簡単だ。
そのようなことは今までに起きていない。




今のアレクの行動を見ていてもそれは不可能そうだ。
大体そんなことができるぐらいの兵の質がいるとは思えない。
あったら、とっくに使っている。
シュライン兵士の介入……はあまり考えられない。
アレクサンドラの行動を見ていても。
ならどうやって、ショコラはいなくなったのか?
・・・・・確率論で一番高いのは自分から出ていくことだ。
どこをどう考えても、ショコラが連れ出されたという確率は限りなく低い。
何らかの理由で街の外にでないといけない状況になった。
あるいは出る意思になった。
この状況ではそれが一番妥当だ。
確率から考えればであるが・・・・。まあ、それが一番正しいだろう。
通信手段……はそれなりにあるか。
テレパシーもあるし、電話もある。シェクスピアのアクセサリーもある。
今のご時世それなりに通信手段が…発達しかけている。
それは間違いない。
誘い込むやり方…は、それなりにあるだろう。
助けを頼む、脅迫……それらの類を出せば出ていくだろう。










一番の問題は誰がやったかだ。
シェクスピア?・・・・あり得ない。
ここでずっと監視をしている。できるわけがない。
彼女が偽物…なわけはないか。
秘密裏に連絡を取ったと考えることもできなくはないが。
彼女はそこまで秘密裏に行動できる女性ではない。
もっとおおざっぱに行動する女性である。
少なくとも私の監視下をくぐり抜けてまで秘密の行動を取らない。
それをするぐらいなら私に許可か脅迫して行動する…そういう女性である。
そう言うと怖い女性だが、あるいみ分かりやすい行動をしてくる女性だ。
アレクサンドラ・・・なわけはないわな。
今現在戦っている最中じゃないか。
他に該当者がいない。
それこそ全く別勢力じゃないといけない。
だが、彼女を誘拐する利点がどこにある?
・・・確かにそれなりに容姿がいいから性的目的はあるだろうが。
後は私の血を飲んだという利点もある。
・・・もっとも、それを知っているのは一部だ。戦争の戦略的価値はない。












シェクスピア
「ちょっとクロン!!ショコラちゃんどうなったと考えるの!!」

クロン
「状況が読めない。…ひとつ言えるのは、別の介入者が
 ショコラを外へ出るように仕向けた……としか考えられない。」

シェクスピア
「それは誰よ!!」

クロン
「そんなんがわかりゃ苦労しない。私は魔王だが神様じゃない。
 ………万能じゃないんでな。……現実的にしか物事は考えられないさ。
 とりあえず保留だ。一対一の戦いに水を差すのは気が引けるが……。
 アレクサンドラのだ捕か殺害に焦点を置く。
 他はまず街と周囲の森を探させるようにする。
 ・・・まずは状況が落ち着かないことには人探しもできん。
 ユキノには悪いがな。さっさと戦いは終わらせるようにしないとな。
 探すことも困難になってくる。」






こういう時こそまずは状況の沈静化をしないといけない。
落ち着かないといけない。
精神状態はともかく、物理的な状態も。
そのためにはアレクサンドラを捕まえることが優先だ。
今回の混乱の根源をおさめよう。
そして、この先を考えないといけない。
・・・・・ショコラか。
彼女はみんなが思っているほど可能性を秘めた女性ではないがな。
・・・感覚からいえばあれは…おそらく失敗作だ。
いや、もちろん普通の女性としては問題ない。
魔王のポテンシャルを秘めた絶大な可能性を持った少女…とおもっている者もいる。


















それは幻想だ。
彼女は魔王の血を引いただけのただの少女だろう。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<その9 | TOP | 9話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

吹っ切れたアレクサンドラがかっこいいです。
おそらくユキノさんに勝てはしないでしょうが、最期まで彼らしく凶暴全開で戦って欲しいものです。

ところで、アレクサンドラはユキノさんにムラムラしたりはしないのでしょうか……

2012/04/01 18:29 | 呼鳥 [ 編集 ]


呼鳥 様へ 

ちなみに彼がユキノにムラムラせず、ショコラを求めるのは別の理由があって。
アレクサンドラの死んだ妻に似ているという裏設定があります。

アレクサンドラには娘二人と息子が一人いて、娘一人と息子は軍人。
もう一人の娘は一般市民として生活しております。
子どもに関してはアレクの両親に預けて、育ててもらってます。

その辺がね・・・アレクが獣人の女性を求める理由になっているんですよね。
あの男も意外にセンチメンタルな男なんですよ。。。

2012/04/02 18:06 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1227-900c2a5f

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード