FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/04/18 (Wed) 1話

執務室昼800



ユキノ
「・・・・・・・・・・。」




さて、冒頭からなんちゃって。
・・・状況ではないような雰囲気なのは間違いない。
ここでいつもの魔王らしい冗談をやっていると。
眼の前の剣豪に斬られることは間違ないわけであって。
それをやっている雰囲気にもないらしい
これ以上それについての描写すら許されないようなので、この辺で割愛だ。







・・・・・主人公のクロンだ。
とりあえず地域限定魔王と考えてくれればいい。
そうとしか言いようがない。
そうは言っても、ある程度は説明が必要なわけであって。
それを説明しよう。
・・・・・・かなりかっ飛ばして説明するぞ。


桃姫が誘拐された。
このままだとかなり乱暴を受けそうなので、早急に救出せよ。
・・・・・という威圧感を目の前の剣豪は発しているというわけなのだよ。









そうは言っても誘拐したのは外国の軍人だ。
警察が介入してはい解決というわけにはいかないのだよ。
迂闊に介入したら、軍事介入と称されて戦争になってしまうかもしれない。
だから、それなりに根回しが必要になってくるのだが・・・。
それをするのにまあ一日ぐらいはかかるわけだ。
そんなことをやっている暇はない。
さっさと救出する許可を。
指令をくれと目の前の剣豪は言っているわけだ。
前回までの続きは以上だ。











クロン
「・・・・何度も言っている通り、半日待ってくれ。
 隣国のシュライン国家を挑発するような行為は面倒になる。
 下手を・・・・しなくても戦争になる可能性が生じてくる。
 戦争を回避するためには根回しが必要になってくる。それが政治だ。」

ユキノ
「・・・・・・・・救出の遅延はあり得ません。
 これ以上ショコラさんを汚すようなこと自体が許せないのです。」





・・・・・・・・・冗談も甘言も交渉もあり得ない。
徹頭徹尾闘志マンマンの剣豪ユキノ・ヒイラギがいる。
・・・・・まいったな。
彼女は優しい性格である。
このシュライン国家のやりとりで闘志を付けて欲しかったのだが・・・。
・・・・・ここまでユキノがやる気になるとは思わなかった。
良い誤算でもあり、悪い誤算でもある。





あまりこの状況下でシュライン国家と事を荒立てるのはまずい。
もとから良くないシュライン国家との関係は余計に悪化する。
悪化する・・・を超えて戦争になる。
私は人でなしではあるが・・・。
それは人々が平和に暮らすために人でなしになるのだ。
戦争になるのは、あまり私個人は望まない。
望まない理由は一つ。勝てる保証がない。
私の魔力は封印状態。
クロノス自治区はまとまって少ししか経過していない。
あまり勝てる要素が・・・ないわけでもないが。
勝てない要素の方が多いわけであって。
それは間違いない。
戦争になった場合、シミュレーションはしている。
なったとしても、それなりには切り抜けられるが・・・・。
それはそれであまり良い未来が開けないような気がする。
それを考えるのは魔王であり、為政者の思考回路なのだ。
私が正義のヒーローだったらすぐに許可するのだが。
・・・・・どうにも世界はそこまで簡単でないのが通例なのだ。





クロン
「早まらず考えてみてくれ、ユキノ。
 ショコラを拉致したアレクは再び救出に向かうことを理解している。
 ならば迎え撃つための準備をしていると考えるのが妥当だろう?
 そうなって、そのまんま戦争状態に突入する可能性だってある。」




我ながらスラスラと言葉が出てくるものだ。
自分で言っておいてなんだが。
アレクが迎撃の準備をしている可能性は3割以下だ。
理由は簡単。
こちらがまだ軍を動かせる状態ではないとわかっていること。
助けに向かうのはユキノ・ヒイラギだと知っていること。
そしてユキノから聞いた話によれば己の欲望に忠実に動くと言っていたこと。
そんな男がいまさら戦いに怯えて万全の準備をしようとするわけがない。
・・・・まあ、どちらに転んでもアレなのだが。
あのアレクサンドラという男は意外にクレバーだ。
逆に行き当たりばったりのほうが良いぐらいかもしれない。


















前者はアレだが、後者は問題である。
アレクサンドラ・トーリノ。
今回の誘拐の首謀者であるのだが。
彼の性格の問題がある。
あの男は生粋の闘争に生きる男である。
このグッゲンハイムは力で生きる世界である。
その世界である分、ああいう闘争に生きる人間というのはいる。
彼もその部類である。
その彼と迂闊に衝突するのはなにぶんまずい。
相当まずい。
アレはアレでそれなりの権力を持っている。
そして、力も求心力もある。













そのため、その勢いで戦争状態になられると困る。
相当困る。
滅茶苦茶困る。
それはユキノもわかっているとおもうが。
人質事件とは比にならないぐらい人が死ぬ。
間違いないだろう。
それに治安も悪化する。
クロノス自治区内でクーデターが発生してもおかしくない。
それでは本末転倒だ。
経済はともかくとして。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<2話 | TOP | その1>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1257-6b29b681

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード