FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/05/11 (Fri) 5話

牢屋夜800


ユキノ
「・・・・・・・・・・・。」

アレクサンドラ
「・・・・・・・・・・・・。」

ユキノ
「・・・・・・・・・・・。」

アレクサンドラ
「・・・・・・・・・・・・。」

ユキノ
「・・・・・・・・・・・。」

アレクサンドラ
「・・・・・・・・・・・・。」

ユキノ
「・・・・・・・・・・・。」

アレクサンドラ
「・・・・・・・・・・・・。」


アレクサンドラは迷いなく武器を構える。
それが信念なように。




・・・・なぜここまで決意に満ちた表情ができるのだろうか。
彼のやっていることはまがうことなき悪行。
それがまるで正しいかのような表情をしている。
迷いもない。そして狂気に満ちていない。
そのような表情をしている。
今まで不埒な男は色々見たが・・・。
今の彼はそれとは一線を駕している。
 





ここまで来て語り合いは不要。
後は戦うだけである。
・・・・と言っても、戦えるような状況ではない。
最優勢事項は救出である。
それを忘れてはいけない。
この男と戦う時期は絶対に来る。
ならば、今は救出に念頭をおくべきだ。
・・・・・と言って、言うことを聞いてくれるわけがない。
それは確実だろう。
ならば話すだけ無駄である。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<6話 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1286-1043c7ee

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード