FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/06/16 (Sat) 10話

ライサ酒場朝人物アリ(800)


ユキノ
「さて、それでどういったご用件で来られたのです。
 あまり状況の説明はできませんが。説明できる範囲なら説明します。」




うむむ・・・なんだかんだでラックのペースに入り込んでしまった。
流石は世紀末のタヌキ型機械人形。
いや、単に私が飲みものにつられただけということも言えるのだが・・・・。
あまり情報漏えいをしないようにはしよう。
・・・・と言っても、あの男の頭の中に戦略などが入っている。
そこまで機密情報を持っていないのが実情である。
分かる範囲なら言っても構わないだろう。






ラック
「別に機密情報とか知りたいとか思わないからいいよ。
 僕は極論から言えば、クロノス自治区もシュラインもどうでもいい。
 フェルト王家もどうでもいいさ。
 魔王復活はそこまで興味もない。データ採取で来ているだけだしね。

 まあ、フェルトが何に使うのかは知らないけど。あまり非人道なことは
 使わないように言っている。僕の意見に沿いつつやってくれる。」






どうやら、そこまで魔王の復活に頓着しているわけではないようだ。
・・・まあ、魔王が復活してくれるに越したことはない。
というのも、いざ本当にどうしようもないことが起きた時は彼の本当の力が必要になる。
彼は25歳である。力を封印されてそれなりにクレバーにはなっている。
考える力を持つようになったということでは成長とみていいだろう。
だが、あまり長くいすぎると困るというのは私である。
言い方は悪いがこの世界は力で力を制する世界である。
まだ世界で戦争や小競り合いは各地で発生している。
魔王が本当の力を持っていないと対応しきれないだろう。
そもそも、一般市民は魔王が封印されていることすら知らない。
それを知ってしまえば暴動や不安を与えることになるからだ。












・・・かといって、非人道なことを肯定する気もない。
その人の意思を尊重することも大切である。
魔王復活のために何かが人身御供になるなんていう前時代的なことはしたくない。
私もさせる気はない。当たり前のことだが。







それにしてもこの男。
そこまで悪い男ではない・・・というか。
研究以外あまり興味がなさそうだ。
魔王復活も出来ればいいが、そこまででもないらしい。
魔王はかなり焦っていたようにも見えたが。
・・・挑発をしたのだろうか?
あの男・・・・魔王のことだが。
あの男は自分が思っている以上にセンチメンタルな男だ。
色々自尊心などを持っている男だ。
侮辱されると相当怒る。
冷静に物事を見れているようで、見れていないときがある。
その辺もわかって、彼は揺さぶっているのかもしれない。
・・・まあ、推測であるが。
人道的なこともやらないと言っているのだ。
放置しても大丈夫なのかもしれない。
それでも敵国のシュラインにいるのが気になるが。
どうせならここにいてもいいような気がするが。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<11話 | TOP | その56>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1335-fd66885a

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード