FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/06/16 (Sat) 11話

ライサ酒場朝人物アリ(800)

ユキノ
「どうして、フェルト国家にとって敵国のシュライン国家にいるのですか?
 それより友好関係のクロノス自治区のほうがいいのではありませんか?」 

ラック
「それはフェルト国家に聞いてよ。僕は知らないよ。
 僕が聞かされているのは実験が出来る。ただそれだけさ。」



・・・・駄目か。
その辺は全く知らないのか。
どうにもフェルト国家も一枚岩ではない。
・・・ということが分かるだけか。
どうにも思うのは。
クロノス自治区と友好関係を結んでいる。
それと今回の件は全く違うベクトルで動いている。
ということが分けるだけだ。
実験なら友好関係のところでしてもいいと思うが。
・・・・・。
・・・・・・。



・・・・・・・駄目だ。
何か思いつきをして何も出てこなかった。
そこまで国家的思惑が分かるのであれば、私は剣士をやっていない。
軍師や政治家をやっているだろう。
それよりも今は敵がやってくるかどうか。
そして、ショコラさんを助けられるかどうかだろう。
敵のほうは・・・目の前に男に聞いても無駄だろう。
知らないだろうし、興味も無いのだろうから。





それよりショコラさんを助けられるアイテムみたいなものはないのだろうか。
彼はフェルトの錬金術師。
不可能を可能にするアイテムをたくさん開発した。
彼ならひょっとしたら・・・と言うことになるかもしれない。
・・・・まあ聞いてみるだけ聞いてみればいい。
無理ならばそれはそれでいい。
それでなくても良いアドバイスがもらえるかもしれない。




ユキノ
「ショコラさんについて相談、いいですか?
 誘拐・乱暴を立て続けに受けたせいか、精神が非常に不安定なんです。


ラック
「ああ、あのショコラね。他国の軍人に拉致されて丸2日間乱暴受けて。
 魔王に救出されて、輸血を受けて。また同じ軍人さらわれたんだから。
 一般人が許容できる範囲を超えているだろうね。
 まあ、キミや魔王と違ってそこまでタフじゃないんだろうね。」





・・・・確かに。他国の軍人にさらわれて乱暴を受ける。
・・・・・今までかつてない乱暴である。
ただでさえ、女性への乱暴は心の殺人と言われる。
それぐらいに女性の尊厳を失わせるものである。
それを軍人に2日間徹底的に乱暴を受けたのである。
それだけで心は崩壊しかけていた。
とどめを刺したのが先日の誘拐である。
もはや彼女に今までの出来事を乗り越えるだけの精神力はないのかもしれない。
それでも前に進まないといけない。
時間が進む限り、私たちは停滞しない方がいいのだ。






ユキノ
「先ほどもショコラさんのところへ見舞ったのですが、 まだダメですね。
 時折、錯乱状態になるので、その都度なんとか、落ち着 かせてはいるんです。
 それでも彼女には乗り越えてほしいと思っています。
 乗り越えていかなければこの世界で生きていけませんから。」

ラック
「仕方がないことなんじゃないかな。僕たちは神様でも万能でもない。
 彼女が錯乱状態になる。それは許容できないことが起きたってこと。
 そもそも乗り越える必要もない。人って言うのは忘れることができる。
 それは素晴らしいことだ。悪いことだって忘れる。時が経過すればね。」





・・・・忘れるか。確かにそうなのかもしれない。
シェクスピアさん的にはなしなのかもしれないが。
それでもこれまでのことを乗り越えるのは一般人である。
そのショコラさんには無理があるのかもしれない。
しばらくはそっとしておくのが優しさなのかもしれない。
無情にも、時は良いことを忘れ去らせてくれる。
だが悪いことも忘れ去ることができる。
完全には無理でも時とともに忘れることができるのだ。
それに期待するしかないのかもしれない。





彼に聞いてみようか?
専門家ではないにしても、あの世紀末の機械人形みたいな人間である。
ある程度の知識を持っていても不思議ではない。
聞くだけなら教えてくれるだろう。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<その57 | TOP | 10話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

超絶においしいジュースを飲んでから、仕事っぽい話になって来ましたね。

何を教えてもらえるのでしょうか。
貴重な情報ということに期待^^

2012/06/18 21:28 | けい [ 編集 ]


けい 様へ 

あまり貴重な情報は・・・。
まあ、その辺は続きにご期待ということで。
いつも読んでくださりありがとうございます。

2012/06/19 07:47 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1336-7e5f5678

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード