FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/07/17 (Tue) 3話

執務室夜800


クロン
「よう、ウィリアム司教。久しぶりだな。」

ウィリアム
「こちらこそお久しぶりです。クロノス自治区をまとめる時以来ですね。」




・・・・目の前にいるのが黒炎教団の主のウィリアムだ。
本名はウィリアム・ウィルソンIV世という名前になる。
黒炎教団というのは以前も言ったがヤの付く自営業だと考えてくれればいい。
言っておくが普通の暴力団ではない。
いわゆる地域密着型の昔の善良なヤクザだと思ってくれればいい。
困っている善良市民を助け、よそ者が出たら退治する。
乱暴者が出てきたらそれを成敗して、ボディガードなどもする。
祭りの行事や地域の行事ごとも取り仕切ってくれる。
いわゆる、地域の表も裏も取り仕切ってくれる武力集団だと思ってくれればいい。
こういう武力集団はグッゲンハイムには必要不可欠なものである。
・・・というのも、外国マフィアとかが裏社会を握ると治安が乱れる原因になる。
クロノス自治区の表裏を具体的に取り仕切ってくれる存在だな。
恥ずかしながら、グッゲンハイムの世界はそこまで政治が発達していない。
政府は民衆の管理や法律の整備などしかできない。
地方自治も同様のことが言える。
なので、祭りの運営や地域の具体的なことはこういう集団に任せきりなのだ。
科学技術が発達しているが、政治はからきし発展していない。
・・・というすごい変な世界だ。
地球より文化・政治面では劣っている。
・・・・地球ってどこだ?
まあいいか。





ともかく善良な武力集団が黒炎教団だという理解でいい。
他にもさまざまな要素があるのだが。
それを言っていると訳が分からなくなるので割愛だ。
その主が目の前のジジイだ。
私の倍ぐらいの年齢だ。
貫禄があり、いかにも風格が漂う昔ながらのヤクザの首領だな。





クロン
「たばこ吸うぞ。」

ウィリアム
「あ、火を。」



カチン。
フーーーーーーー。




クロン
「・・・・・・・・。」

ウィリアム
「・・・・・・・・・。」

クロン
「・・・・・・・・。」

ウィリアム
「・・・・・・・・・。」

クロン
「・・・・・・・・。」

ウィリアム
「・・・・・・・・・。」

クロン
「・・・・・・・・。」

ウィリアム
「・・・・・変わりませんね。」

クロン
「だな。」





年齢的には私のオヤジぐらいの年齢なんだがな。
私はタメでしゃべっていて、ウィリアムは敬語でしゃべっている。
・・・というのも、立ち場的には私の方が偉いのだ。
階級とかではなくて、物理的なパワーという面でな。
このグッゲンハイムの世界はなんだかんだ言ってパワーだ。
パワーを持つ者が敬われ、パワーを持つ者に従う。
だからこそ、ウィリアムは敬語で私はタメでしゃべっているのだ。




まあ、問答無用でフルボッコにしてやったのが直接の原因だがな。
かなり凄惨にボコボコにしてしまったので、それ以来妙に私に従っている。
半分怯えている。・・・というぐらいにボコボコにした。
まあ、力あるものが強いのだ。
というのを証明したのだ。





だから、私とウィリアムは半分主従関係・半分協力関係にあるようなものだ。
正確には違うし、ちょっと色々あって複雑なのだが。
私と黒炎教団との利害関係もあるが・・・。
ある程度理解し合ってやっている。
どちらかが滅ぶのではなくて、どちらもなくてはいけない。
そんな関係ということでいいだろう。









クロン
「呼び出したわけを言おう。かくかくしかしかこう言うことだ。
 黒炎教団に協力を求めたい。」

ウィリアム
「ちょちょちょ、ちょっと待って下さい。」

クロン
「何だ。手短に済ませろ。忙しいのだ。私は。」

ウィリアム
「いくら、魔王と私がツーカーの関係でもかくかくしかしかの言葉だけで分かるわけがないでしょう。」

クロン
「マンガやゲームじゃ通じるんだ!!これで!!!」

ウィリアム
「無茶を言わないでください・・・・。」

クロン
「全く仕方ないな・・・説明するぞ。」

ウィリアム
「丁寧にお願いします。」

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(4) |


<<1日目 | TOP | ウィリアム・ウィルソン4世紹介>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

 こんにちは。
武力を持った 村社会の若人集的なものでしょうか。
面白いですね 其の歪に発達した社会が 妙にリアリティあります。
善良な武力集団 魔王は 如何様に利用するのか 次回期待です。 

2012/07/18 14:28 | ウゾ [ 編集 ]


 

お、イラスト付のニューキャラですね!

それにしてもウィリアムさん、残念な人の匂い、というか苦労人の匂いがします。

魔王のせいでしょうけれども。

2012/07/18 20:10 | 呼鳥 [ 編集 ]


ウゾ 様へ 

村社会というよりかは、
国家的な裏集団と言えばいいでしょうかね。
グッゲンハイムはいびつな世界ですからね。
こういう人は必要悪なんですよね。

2012/07/18 21:03 | LandM [ 編集 ]


呼鳥 様へ 

原作でも苦労症なのは変わらないですけど。
それは魔王なのか、原作では・・・。
ということですね。

2012/07/18 21:06 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1368-7c730a52

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード