FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/08/02 (Thu) 9話

ライサ酒場朝人物アリ(800)


クロン
「これは決定事項だ。クロノス自治区をまとめるときと同じだ。
 焔流派と黒炎教団は一緒に戦った。それと同じだ。」

ユキノ
「・・・マア、ソレハワカッテイルノデスガ。」

クロン
「なんだ、その片言口調は。」

ユキノ
「本音から言えば一緒に戦うには抵抗がありますね。」




クロン
「かといって、焔流派を出すわけにもいかないだろう。
 あそこは武門であって、武力集団ではない。
 それに敵国とまともに戦うことに人員を裂くとは思えない。
 特にお前の師匠であればなおのことだ。」

ユキノ
「むう。」





確かにそれはある。
私の所属している焔流派は確かにそれなりに武力を持っている集団である。
だが、武力集団ではない。
いわゆる道場みたいなものだ。
率先して戦うために徒党を組んだ連中とは違う。
教えがあり、訓示がある。
それを学び日常生活を営む。
それが焔流派というものである。
クロノス自治区をまとめる際は自分たちの住んでいる場所の治安維持のために魔王に協力した。
だが、今回は他国との小競り合いである。
それと戦っていると、それは武門ではなくなってしまう。
それを家元が望むわけがない。
私のように個人的に人材を派遣するのは大丈夫でも、それ以上はできないだろう。







クロン
「まあ、外交官じゃないんだ。笑顔で握手してくれとまで言わない。
 どちらも戦闘が本業なんだ。本業で友好関係を築いてくれ。」

ユキノ
「助かります。
 まさかここにきて握手してくれなんて言われてもしないつもりだったので。」

クロン
「そこまで儀礼を重んじる性格じゃないさ。
 戦いを生業としているなら、そっちで何とかしてくれ。」






・・・・・このあたりが魔王が魔王といわれる由縁の一つなのだろう。
焔流派と黒炎教団が手を組むなんて、共通の敵がいたとしても難しいだろう。
それを普通にやってのける魔王はすごいというかぶっ飛ばしているというか。
人徳というカテゴリーでは言いくるめることができない。
それぐらいに輪を広げることができる。
なんだかすごい人物というのはわかる。
それもこれも力と知識があるからだろう。
なんにしても協力する現場は困惑しそうだが。
・・・それすらも魔王はなんとかするのだろう。





しかし、私とあそこの集団が一緒に戦うとは。
まさにチャンポンみたいじゃないか。
ずっと敵で戦っていた関係。
それが一緒に戦うというのも。
私は私でそれなりに敵愾心もあるが・・・。
それを気にしてもられない。
しっかり戦おう。








クロン
「黒炎教団もまだ表に出すわけにもいかない。
 近隣の森で待機してもらっている。後腐れなく協力するように。」

ユキノ
「大丈夫ですよ。こちらは。」





まあ、魔王がいる手前で変なことはしないだろう。
魔王がこの場にいてくれるなら、黒炎教団も善良な武力集団である。
それは信頼できる。能力的にも。
私は私で戦えばいい。 

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<13日目 | TOP | 8話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

利害関係のある同士を、うまいこと言いくるめて(?)一緒に戦わせてしまうクロンさん。
なかなか出来ることじゃないですね。

呉越同舟シチュ大好きなので楽しいです。
ユキノさんガンバレ!

2015/08/30 16:32 | 椿 [ 編集 ]


椿様へ 

まあ、確かに。
あまり原作では考えられない展開ですね~。
気になるなら黄輪様の原作を読むといいですね。

魔王はなんだかんだで魔王という訳です。
ファンタジーのコメントもして頂きありがとうございます\(^o^)/

2015/08/30 17:38 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1396-1922c79a

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード