FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/08/12 (Sun) 5話

大砲


アレクサンドラ
「流石は西の管理者が誇る最新鋭の魔導兵器というわけか。
 かなりぶっとばした威力だな。その分この兵器を使えるのが俺だけ。」



・・・・。


・・・・・。


・・・・・・・。


・・・・・・・・。


・・・・・・・・・。




それにしても。
かなり分かりやすいぐらいの大砲だ。
正確にはカノン砲というべきか。
大砲の一種だ。
定義は時代により異なるが。
同口径の大砲に比べて砲口直径に対する砲身長が長く、高初速・長射程である。
要するに普通の大砲がコンパクトであるのに比べて、これは巨大で性能が高い。
・・・ということになる。かなり贅沢な仕様である。
流石は実験機とでも言えばいいのだろうか。
実験機といっても、これは量よりも質を追求しきった武器に見える。




コードネーム『GH1900-FLTONNS(フェルトエヌエヌエス)type483-000』
別名『クール・ブルゼ』。『失恋』の名を冠する大砲。」
『GH1900-FLTONNS(フェルトエヌエヌエス)type483-000』
グッゲンハイム1900年にフェルト国家で開発された483番目の試作。
別名『失恋』の名前を冠するカノン砲だよ。口径:105mm
重量:2,820kg、砲身長:4,725mmの35口径。現在の大砲としては破格。
このカノン砲の最大の特徴はなんと言っても膨大な魔力に尽きる。
水の上級精霊『バリエナ』の恩恵を一身に受けた特大カノン砲だ。」
『バリエナ』は言語化すると鯨。海の王様とも言える精霊の大砲だ。
その表現に偽りなし。威力や攻撃力を特化した大砲だ。
・・・・・まあ、その分、持ち運びや利便性が低いが。
それに使用者も限られてくる。
だけど、その短所を補うだけの強烈な威力がある。
威力にのみ関して言えばÅ+の威力がある。砦ぐらいだったらぶっ壊せる。
魔力結界なんて、なんのその。それごとぶっ壊せるぐらいの威力がある。
駐屯所や砦を強襲するにはうってつけの破格カノン砲だ。




・・・・なんだって、失恋の名前をしているのか?
・・・・正確には『失恋の怒り』ってところらしい。
失恋の怒りほど人間の感情で熱いものはない。
・・・・っていう、フェルトの製作チームがつけたらしい。
失恋の怒りをまさに具現化した破滅力を誇る大砲というところだ。




・・・・・随分と破壊力満点の兵器だ。
・・・・・・というよりか、随分とシュライン向けの兵器になっている。
水の恩恵を得ているあたりがそうだといえる。
俺たちシュライン国家に合わせたということだろうか。
シュライン国家は川が多い。総じて川の国とも言われている。
それぐらいに水の精霊との親和性が高い。





問題は使える人物が限られる。
当たり前のことだが、この世界では強い兵器は強い者しか使えない。
しかもゴーレムや魔導砲などとも親和性が高くないといけない。
かなり条件が厳しいのは否めない。
グッゲンハイムではそういう世界なのだ。
なので、強い兵士がいる。
弱い兵士は数にもならない。
カミラ駐屯所では俺しか使えない。
・・・つまり軍の部隊長クラスか。
それだったら、国内でも100人も使えない。





アレクサンドラ
「それにしてもすごい威力だ。ライサ街の建築物も壊せるぐらいだ。
 これならば確かに強襲して一気に占領も夢ではないだろう。」

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<20日目 | TOP | 6話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1406-bf4b781c

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード