FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/08/18 (Sat) 10話

ホルン森800夜


フェルト国家騎士
「ラック氏からは『リトルボーイ』という名称の爆弾です。
 言語化すると『小さい少年』という意味です。」

シェクスピア
「意味がわからない名称ね。
 これのどこが小さい少年よ。人より大きい爆弾じゃあないの。」
 
フェルト国家騎士
「由来がある・・・と本人はおっしゃっておりました。」

シェクスピア
「まあ、名前なんてどうでもいいけど。彼のつけた名前でしょう?
 意味はないかもしれないし。それより本当に爆発するのかしら?
 見た目だけを言うのであれば・・・。
 それこそ単なる鉄の塊であって、デクの棒にしか見えないわ。」




これは本音である。
正直言ってこの爆弾がそこまで爆発するとは思えない。
この世界はなんといっても魔力がすべてある。
その魔力がエネルギーの元となっている。
確かに魔力によらないエネルギーは多少なりともある。
だが、それすらも純粋な魔力に依らないものではない。
電気なら雷、ガソリンなら火と水・・・といったような感じである。
確かにガソリンにしても全く魔力に依らないものは使用できる。
だが、この世界では魔力に依らないものは精霊拒否が起こる。
本来の力が発揮されないのである。
そのため、この世界が魔力がすべてといわれる由縁である。
この爆弾は全く魔力を感じない。
単なる鉄の塊にしか見えない。
グッゲンハイムの人はそう見るだろう。
たとえ見つかったとしても、鉄の塊が落ちているとしか思わないだろう。





フェルト国家騎士
「それではスイッチです。
 ちなみに押すときには・・・。」

シェクスピア
「『ポチっとな。』とか言ってと頼まれたんでしょう。
 絶対に言わないからよろしく。」

フェルト国家騎士
「本人からはあまり人がいないときに爆破させてほしいとのことです。
 要するにこのポイントで多少の小競り合いをしているときに・・・。」

シェクスピア
「言うももがなね。爆発させればいいってことでしょう。
 言うは易し。行うは難しね。」




・・・・・確かにそれはある。
あの魔王はあれはあれで政治家である。
有事の時には率先して動かなければならなくなる。
大規模な人的被害があれば、それだけで身動きできなくなる。
適度に人がいて、被害があまり出ない状況で爆破する必要が出てくる。
かといって、全く人がいなければ駄目である。
難しい按配である。
ここで小競り合いを出すように仕向けるといっても難しい。
あまり多く人がいすぎると問題がある。
減っているときや撤退際、あるいは戦闘の前か。
その辺はこちらで判断するしかない。




フェルト国家騎士
「それではフェルト国家の未来のために。」



・・・・。


・・・・・・。


・・・・・・・・。



・・・・・・・・・。



・・・・・さて、後はやるだけか。
このスイッチを押すだけで人は死ぬということか。
私も人を殺したことがあるが。
スイッチ一つで人が死ぬとはやってられない時代だ。
もっとも、グッゲンハイムの世界ではそう簡単には死ぬことはないが。
それでもこういう兵器が開発されていくたびに、世界は進んでいると思う。
文明が発達しているということだろう。
サイは投げられた。私にも魔王にも。
私が投げれば、魔王も投げざる得ないだろう。
それは同時に人道を踏み外すことにもなる。
今までそれなりに外してきたが、今回は極めつけだ。
・・・・・・それでも私は降りない。
娘のレイビアを探すためにここまでやってきたのだ。
今頃やめるわけにもいかない。
私の人生が何だったのかということになる。
誰に否定されようが、私はこの道にこだわる。絶対に。
例え己の身が破滅しようと。
私の知らない人間が何人何百人死のうが知ったこっちゃない。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(6) |


<<その1 | TOP | 9話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おおお、リトルボーイ!

なんだか怪しげな空気になってきましたね……。
ボタンを押したアルンはエノラ・ゲイとか呼ばれてしまいそうです。
それともラックの方でしょうか。

更新楽しみにしております。

2012/08/18 21:05 | 呼鳥 [ 編集 ]


呼鳥 様へ 

まあ、この辺はどうなんでしょうね。
面白いのか面白くないのか。
ある意味、シェクスピアの一番の見せ所です。

2012/08/21 20:17 | LandM [ 編集 ]


No title 

アルンの目的は、ただ一つ娘のレイビアを探すことだけだから
後には引けないって感じが伝わってきます。

特に、下から3行目から最後の言葉がアルンらしいなと思いました。

2013/03/15 12:29 | CHIEs [ 編集 ]


CHIEs 様へ 

確かに。
よくも悪くもアルンらしさが出ている言葉です。
強烈なメッセージではあります。

2013/03/16 18:33 | LandM [ 編集 ]


 

アルンも壮絶ですね。
旦那と会話しているところを見ていると、レイビアって性格は父親似なんだろうなー、と思ったり。

あの父親だと、異能で生まれても無理はないと感じられます。ラックさんは、この世界での鬼子なのだなと強く感じる。

この兵器がどう使われるのか……続きを楽しみにします。

2015/09/06 15:58 | 椿 [ 編集 ]


椿様へ 

もうサイは投げられているので、どうしようもない。この生き方を破滅するか、娘が助かるまで終わらない感じですね~。

ちなみにレイビアの性格は祖父にであり、まったく二人の性格を反映しないという。。。感じですね。まあ、どうなるかは分からないですが。

リトルボーイに関してはイラストも用意してますので、ご期待下さい!(^-^)/

毎度ファンタジーのコメントもありがとうございます(⌒‐⌒)

2015/09/06 19:25 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1411-e8293b7a

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード