FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/08/21 (Tue) 2話

煙草


クロン
「・・・・・だったら、『何か』ある。そう考えるのが妥当だ。
 予想からすれば、敵味方巻き込むような強烈な『何か』がある。」



それが何なのかは分からない。
だが、良くないことが発生する。
仮に大量破壊魔法をあそこに仕掛けているとしよう。
一瞬で、敵味方吹っ飛ぶだろう。
大砲破壊に向かった兵士は壊滅的な打撃を受ける。
そうなれば、この戦いに大きな負けとなる。
・・・こう考えればいろいろなことに合点がいく。





どうして、この戦いにフェルト国家が乗り出しているのか?
どうして、フェルト国家が敵国であるシュライン国家に協力しているのか。
どうして、世界的に有名なラック・フェルト氏がわざわざ現地視察をしているのか。
情報だけなら集めれる。わざわざ発明家が視察することはない。







クロン
「あの大砲の地点にはフェルト国家が本当に試したい兵器が隠されている。
 それが結論だ。その為にラック氏もここに来ている。」




それで全ての合点がいく。
おそらくこれで正しい。
絶対と言い切れないのが寂しいが。
だが、その証拠がラック・フェルト氏の視察だろう。




フェルト国家がどうしても試したい『何か』があるのだろう。
それが魔法なのか、兵器なのかは分からないが。
だが、それはえげつないほどに威力がある。
敵味方を吹き飛ばすような盛大な威力のある『何か』が。
だが、それを実験するのは味方国家だと体裁が悪い。
。。。というか、そんなえげつない『何か』を試せば外交関係が悪くなる。
それぐらいのレベルのものなのだろう。
だが、確かめてみないと分からない。
・・・ということもある。
そこで敵国にその『何か』を持ち出す。
いざ失敗しても、何しようが関係ない。
もともと関係が悪いのだ。
水面下ではどうか知らないが、外交的には関係が悪い。
そうした関係の国で試したい『何か』だってあるさ。




たぶん、それはフェルトの錬金術師。
ラック・フェルト氏が開発した兵器だろう。
どうしても確かめたいが、それを確認することができない。
実験もできない。
それを実験するためには?
・・・敵国をあつらえるのがちょうどいいだろう。
だからこそ、わざわざ発明家が現地で視察をしているのだろう。
それだけの兵器というわけだ。





おそらく大砲はおとりだろう。
人を集めるための。
そして、『何か』を勃発させる。
・・・・それが最終的な狙いだろう。
そうでなければ、ラック・フェルト氏がここまで来る理由がない。
彼がいるということ。
それこそがその証明となる。





考えるのは自由だ。推測は立つ。
だったら、撤退するのが筋だろう。
今なら全面撤退しても損傷は少ないだろう。
痛みもない。そこまでの可能性を考慮に入れるなら逃げる。
それが魔王のやり方だ。
大砲はまた折を見て壊す方法を考えたほうがいい。



カチン。
フーーーーー。




3本目。
タバコを吸う。






クロン
「同時にこれはチャンスでもある。拉致被害者救出の。
『何か』が発生して混乱状態になれば・・・絶好のチャンスだ。」




これ以上のチャンスはないかもしれない。
おそらくその壮大な『何か』の存在はシュラインは知らないだろう。
『何か』が勃発したときには極限状態の混乱状態になる。
容易に救出作業ができる。
この機会を逃して撤退する。
・・・・そうなれば、相手も体勢を再び固める。
そうなると、拉致被害者の救出がいつになるか分かったものではない。
一ヵ月後か、一年後か・・・10年後か・・・・。
それとも永遠に救出されないのか・・・・・。
それを考えるとチャンスだ。
部隊を二つに分けて攻めればいい。




ならば問題はその『何か』が本当にあるかどうかだ。
撤退するのであれば、何も問題はない。
『何か』の可能性がある限りは無理ある攻め方はしない。
それが撤退というものである。










これは賭けになる。
『何か』が無かった場合は、分けた2部隊がジリ貧になる。
そうなると、それも大失敗の負けである。
大敗になる可能性もある・・・・。






カチン。
フーーーーー。






4本目。
タバコはこれで最後にしよう。



・・・・・。


・・・・・・。



・・・・・・・。




・・・・・・・・。





クロン
「いや、賭けよう。『何か』は絶対にある。
 彼がここに来ている理由は絶対に自分の『何か』の確認だ。」



そうでなければ理由がない。
私は魔王だ。勇者と戦い、色々な戦いをした。
その魔王の蓄積された経験で分かる。
『何か』は絶対にある。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<その3 | TOP | 1話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

 こんばんは。
リトルボーイといい キナ臭くなってきましたね
流石 魔王 経験の集大成である勘を信じるか。
確かに 勘って 当たるからね 特に 嫌や勘は。

2012/08/21 20:47 | ウゾ [ 編集 ]


ウゾ 様へ 

まあ、リトルボーイは前略よろしく。。。
あの兵器です。
地球にある・・・。
魔王の感も捨てたもんじゃないですね。

2012/08/23 17:49 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1413-e6b7d74a

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード