FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2012/09/17 (Mon) 9話

焼け野原森夜800


ユキノ
「・・・・・・・・・・・。」

アレクサンドラ
「・・・・・・・・・・・・・・。」

ユキノ
「・・・・・・・・・・・。」

アレクサンドラ
「・・・・・・・・・・・・・・。」

ユキノ
「・・・・・・・・・・・。」

アレクサンドラ
「・・・・・・・・・・・・・・。」

ユキノ
「・・・・・・・・・・・。」

アレクサンドラ
「・・・・・・・・・・・・・・。」

ユキノ
「・・・・・・・・・・・・・。
 撤退する気は・・・ないわね。じゃあ、殺すわ。」

アレクサンドラ
「誰に意見してんだ!?テメエは!!死ぬまでやるぞ。
 ユキノ・ヒイラギ。」



それでも片目を奪ったアドバンテージは大きい。
もともと片目で長い間生活している人ならともかく。
今、この瞬間なった人では錯覚を起こしやすい。
たとえ魔法を使っても微調整がきかない。
後は手順を間違えずに確実に攻めれば勝てる。
ようやく勝機が見えてきた。
だが、あれほどの戦闘感覚はあるだろう。
それを考えると、ここで5分か。
いや、6分程度には上がったか。
なんにしても油断はできない。



それでも撤退はしない。
・・・できる状況でもない。
そのこともあってか、今まで以上に決死の体勢で戦っているのが分かる。
覚悟を決める必要がある。殺すか殺されるか。
食うか食われるか。
その判断が迫られている戦いだ。


ガキン!!



ガキン!!





アレクサンドラ
「ぐうううううううう!!!!もっとだもっと力が入るだろう!!
 入れて見せろ!!!アレクサンドラ・トーリノ!!!!!!!」

ユキノ
「くううううもっと、力が入らないの!!私は!!??
 彼を倒すと願うのであれば、もっと力を出せええええ!!!」



斬撃は明らかに鈍くなっている。
アレクの突きも微妙に照準がずれている。
それでも魂を乗せている。
全身全霊を乗せている。
今までの人生すべてを乗せて。
賭けるべき己の信念を乗せて。





ユキノ
「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

アレクサンドラ
「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」



ガキン!!
ガシャアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!





ユキノ
「・・・・・・・・明寿崇『焔蛍』が・・・・!!?? 
 ああ、もう!!もっと強い武器がいるじゃない!!」

アレクサンドラ
「・・・・・・ぐ!!情けないぞ!!オター!!
 死力を決した戦いで壊れるとは!!」




明寿崇『焔蛍』が完全に破壊した。
柄ごと壊れたということは魔力の許容範囲を超えているということだろう。
Aランク以上の武器を壊すことになると・・・もっと強い武器が必要か・・・!!
今すぐだせるわけがない。
だが、それはあちらも同じこと。
下級精霊製造兵器が完全に破壊している。
武器がなくなったのでは致命的なダメージを与えられない。




・・・・・・・・が!!!
それとこれとは別問題なのよ!!!
これは私とアレクの意地と信念を賭けた戦い!!
これを誰にも邪魔させるわけにもいかない。
ここで彼を倒さなければ、いつ倒せるのか。
また状況が整ったら、このような一騎打ちができるかどうか甚だ疑問だ。






バキイ!!



バキイイ!!




ユキノ
「ぐ!!」

アレクサンドラ
「ぐうう!!」



最後は素手だ。
仕込みの武器もない。
こうなるのであれば、もっと仕込みの武器を持っていればよかった。
・・・・と、後悔しても遅いのだが。
それでも後悔してしまうのが人の性である。
それは仕方ない。
だが、条件は同じ。
こちらも体力は自信がある。
女性は子どもを産む関係もあり、ある程度備え付けの魔力がある。
体術で女性が男性に劣るという道理はない。
もちろん、筋力面では劣るが。
そのあたりは魔力でカバーができる。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<10話 | TOP | その20>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1457-3edaa2bf

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード