FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/07/08 (Mon) ヒンメル・ウェスターノ人物紹介

ヒンメル・ウェスターノ
人物紹介




「私たちは常に考えなければなりません。
 平和とは何か、を。
 そして平和をより充実させる義務があります。

 それが勇者・魔王の意思を受け継ぐ者の
 使命なのですから。」

 




誰よりも平和を愛する
魔王クロン・ウェスターノの孫娘。
世界から国家間の戦争をなくした2番目の大英雄。
グッゲンハイム国際連盟事務書記長。
誰にでも優しく、分け隔てない笑顔を振りまく女性。


その一方で、
ショコラの孫娘に対して唯一個人的な感情を見せる。
異常かつ苛烈な憎悪を見せ、
その姿は誰が見ても狂っているとしか言いようがなかった。





精霊術師(EX)



筋力・・・A++

筋力の力を指す。
A++は単純な筋力で壁や大木を叩き壊すことが可能。
人間と言うことでいえば、超はつかない一流格闘家である。
彼女の場合、暇つぶしにやっていた筋トレによって手に入れた産物。
彼女の場合は魔法攻撃が主体なので、実用性から言えばかなり低い。


魔力・・・EX

魔力の大きさを指す。
EXは1000年に一度起こる天変地異を発生させるだけの威力を誇る。
ただ、起こせると可能というだけで実際に使ったことはない。
魔王の孫娘に相応しく、合成魔法や禁呪などかなり多くのバリエーションの魔法を使用することが可能。
いわゆる魔法女王様。別名魔女。

敏捷・・・A++

敏捷性を指す。
魔法使いということで考えれば、破格の俊敏性。
これも毎日の鍛錬で得たものである。
魔法主体の彼女から考えると無用な長物なはずだが。
何事も全面に立とうする性格から考えると、案外役に立つ。


技術・・・A+++(物理A++、魔法A+++)

技術を指す。
彼女の場合膨大な魔力を保持している為、その制御の側面もある。
魔法の技量から考えると、EXクラスの魔法の制御は不可能。A+++
物理攻撃の場合は、人を殺さないときも多いため、
拘束用で使っている戦闘の影響の為、技量は高い。
物理技量はA++。


物理防御・・・A+

物理防御力を指す。
A+は魔法を主体とする術師としてはかなり上位に食い込むレベル。
通常の軍人相手では、傷を負わすことができないほどの防御力を誇っている。


魔法防御・・・EX

魔法防御力を指す。
現実上、彼女から魔法による攻撃でダメージを与えることは不可能。
チート、反則とも言える。

クラススキル

精霊恩恵・・・EX

精霊から受ける恩恵を指す。
これが高ければ高いほど、精霊に対する能力補正を受けることができる。
EXは最早破格であり、精霊の代行者とも言える力を誇る。
具体的には各能力が3ランク上昇すると同時に、
魔力供給が生命活動をしている限り無限に供給される。

ただし、その供給は精神にまで及ぶため人格形成にも影響が及ぶ。
EXランクとなると自我と精霊の性格がリンクしすぎて、人格に異常をきたしてしまうレベル。
ヒンメルの場合、我は保っているが節々で尊大な態度が出てしまう所がある。

合成魔法・・・EX

合成魔法の使用に関するスキル。
EXランクは理論上すべての魔法の合成を行うことができる。
逆属性である火と水の合成ですら使用することが可能であり、
あらゆる合成魔法を使用することができる。

早口・・・EX

魔法詠唱における言葉の速さ。
ランクが高ければ高いほど魔法詠唱が早くなる。
EXランクは大魔法であっても、10秒あれば詠唱することが可能。
天変地異の巨大魔法でも10秒で使用できるため、かなり危険な存在とも言える。


固有スキル

カリスマ・・・A+++

人を惹きつける力を指す。
A+++は世界のすべてを人々を惹きつけるほどの力を誇る。
このレベルのカリスマレベルを誇ったものは世界を奪えるというほどのものである。
実際にここまでのレベルのカリスマを得たものは世界を得ている。


統率・・・A++

実際に人を運用する力・実行力を指す。
カリスマがあるが統率力がない人物が多い中、このレベルの統率力を持つのは異常とも言える。
まさに上に立つため才覚とも言える。
A++は国家規模の人員を手を取るように動員できるレベル。

真眼・・・A

人の本質を見抜く力。
Aランクは人の本質を見抜くことができるが、その先の行動までは読むことができない。
だが、カリスマと統率力を考えるとこの真眼の能力が最終的にすべての人物を掌握するまでの昇華させている。


キャラクター紹介
立場で言えば、グッゲンハイム国際連盟事務書記長。
世界で一番偉い人。30歳。女性。
魔王クロンとミルフィールの孫娘。
その間はどこに行った、、、というツッコミがやってきそうだが。
それに関してはまた別の話。

容姿ということを言えば、ミルフィールに瓜二つ。
金髪のウェーブに獣耳。
穏やかそうな容姿で丸み帯びた体型。
女性らしい女性。
それが当てはまる女性。

性格は本質的にはミルフィールそのもの。
ミルフィールの性格そのものはお気楽かつ平和を非常に愛していること。
ミルフィールと違うのは力が強いので、
それを存分に生かして、自分の力で成り上がっている点にある。
ミルフィールは力がなかったので魔王に頼ったと言うのがあるので。


基本的に平和主義で良い性格をしている。
誰に対しても、謙虚かつ丁寧に礼節を振舞うあたりは
ミルフィールの血統そのもの。


如何せん、権力をもち過ぎた関係もあり、
かなり独善的になっている部分もある。
ヒンメルの違うところはその独善的な性格を全面に出している点にある。
なので、ミルフィールと全く同じ性格設計なのに印象が全く違うことになる。
通称「楽園の魔女」。



ちなみにエクレアに対しては、後に強烈な憎悪を抱く辺り、
ミルフィールと全く同じ性格をしている。

普通の人の対応とエクレアの対応が全く別人なので結構びびる。




強さ

魔王の孫娘にして、魔王の全盛期を超える実力とカリスマを誇っている。
精霊恩恵のプラスを考えると、すべての能力がEXになってしまうという恐ろしい人です。
彼女が本気を出すと、小国が一つ吹っ飛ぶ。
有り体言えば、天変地異の魔法だって引き起こすことが出来る。


彼女がグッゲンハイムをまとめることが出来たのは
平和を愛する心!!・・・と言いたいところだが。

多分彼女の恐ろしさを知っているからだと思われる。
彼女を怒らせると、国が滅ぶことになることを周囲が知っている。
そのため、逆らうことをしない。
彼女が死ねば、多分絶対また戦争が起こる。
それぐらいの絶対的カリスマと統率力。
逆を言えば、彼女がいなくなると世界が混乱に陥る。
それぐらいの絶対性を誇っている。

自分でも、設計して、「なんじゃあこりゃ。」だった。
それぐらいの強い設計。
ある意味、弱肉強食。
強い者に従えのグッゲンハイムを体現する人物。
怖いなあ・・・。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<カレン・エスターク人物紹介 | TOP | グッゲンハイム1950年~姉妹の愛憎~予告編>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1770-fa2fb7c1

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード