FC2ブログ
2020・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/07/19 (Fri) 3話 『木の上にいる迷い猫』

a0960_004664_m.jpg
「猫神伝説」 第3話 『木の上にいる迷い猫』



「にゃ~~~~~~~~………………。」



………ということで、いきなり緊急事態発生。


木の上に上った猫が下りれなくて困っているよ………。





う~~~ん。


どうしようか……………?








ああ、心配していないかもしれないけど、みかんは私の肩の上よ。

「にゃん。」











……じゃなくて、方法探さないとね……。


いくつかあるわね。







①忘れて逃げる


②自分が木に登る


③モノを投げる


④木を倒す


⑤長いもので突っつく


⑥人を呼ぶ


⑦猫を呼ぶ


⑧踊る


⑨話しを進めるのを中断する






……これ以上考えると下らないことのオンパレードになるから止めましょう……。


つ~~か、⑨の『話しを進めるのを中断する』って何よ?






①『忘れて逃げる』

………いいわね。

( ̄ー ̄)ニヤリ



別に助けたところで得することもないし。

あの子を助けたら、100万円くれるっていうのなら私はいくらでもするけど。

みかんを捨ててでも。


「にゃン!!!!!?????」

「冗談よ。」




まあ、そういうことで助けるのヤメ。




「にゃ~~~~~~~~~ん!!!!!!!!!!!!」



「……助ければいいんでしょ。助ければ………。」








②『自分が木に登る』




……はあ!!??

(#゚Д゚)ゴルァ!!


何で私が木に登ってあの猫を助けないといけないのよ。

自分で思いついておいて却下よ。





③『モノを投げる』



……何投げる?

石でも投げる?

だったら猫が墜落して、簡単に解決………




「にゃ~~~~~!!!!!!!」


………まだ、猫の断絶魔の声を聞きたくないから、やめましょうか………。











④『木を倒す』



…どうやってよ!!???

そりゃあ、木を倒せば安全に猫助けられるかもしれないけど………。



チェーンソーでも持ってくるの………?

却下よ!!!







⑤『長いもので突っつく』




名案だけど、どこから持ってくるの?


「みかん、尻尾を伸ばしなさい。」

「にゃにゃん!!!」



(`皿´)ムッキー!!


……どうやら出来ないみたいね。

私は猫と喋れないから分からないけど、みかんは人の言葉がわかるから………。



う~~~ん、何かいいものがあればいいんだけどなあ………。







⑥『人を呼ぶ』


…つーか、助けを呼べば早いじゃん。

はよ気付け。


……って、周りに人いないわね。

う~~ん、来れば考えましょう。



とりあえず、私とみかんで助けられる方法考えましょう。

助けがくれば、もらうけど。








⑦『猫を呼ぶ』


私は猫を呼ぶ特殊能力はない!!

出来ないことを選択肢においてどうするのよ!!??



…というか、猫を呼んで状況が好転するの??








⑧踊る


…状況が好転するんなら、やってあげてもいいけど。

後半ロクでもないやつばっかしじゃん。





















「う~~~~ん、どうしようか…………。」


「にゃん。」





「………あ、そっか。」


私は即決即断。


みかんを持ち上げる。







「にゃん……………?」


「みかんを投げて、あの猫を落とす。」

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )




「にゃにゃにゃ!!!!!!!!??????????」




もう遅い。

私はみかんを投げる体勢に入っている。

標準……木の上にいる迷い猫。
















「ううりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!」


「にゃ~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」




ひゅ~~~~~~~~~~~~~~~~ん…………ガゴン。







おっと、迷い猫が墜落する!!!

私は猫の落ちる場所にいって、クッションとなる。






ぼふん…………。






「にゃ~~~~~~。」


………どうやら、無事みたい。

良かった。







「もう木登りとか止めてよ。」

「にゃん。」


「達者でね…………。」

















そして、私はこの場所から去る。


木の上にいるみかんを無視して。











「にゃ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(8) |


<<4話 『みかんとの出会い』 | TOP | 2話 『買い物での厄介ごと』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

いつものとは全然違う雰囲気のような、
でも、やっぱりLandMさんらしい感じもします。

2013/08/04 19:45 | しのぶもじずり [ 編集 ]


しのぶもじずり 様へ 

雰囲気自体は変わっていないと思います。
筆者が変わらないですからね。読んでいただきありがとうございます。

2013/08/04 22:30 | LandM [ 編集 ]


 

このシリーズ、漫画で読みたいと言いますか。
漫画チックな絵になって浮かんできますよ。

猫を木から降ろすために、下で踊る人間と猫。
いいなぁ、ぜひ、この案を取り上げて下さい。
と、無責任な外野のお願いでした。

2013/08/11 11:21 | あかね [ 編集 ]


あかね 様へ 

できないことはないでしょうけどね。
作者本人がやる気がないことがネックなような。。。
なんにしても才条 蓮に絵心がないので依頼など経由しないといけないので、
結構時間がかかると思います。多分4年ぐらい。
それまでお待ちいただいたら、大丈夫だと思います。

2013/08/12 08:40 | LandM [ 編集 ]


 

みかんには溜まったものじゃない。
ぷぷ

我が家の母猫みーはこの頃は
自分で登った下屋から降りれません。
ニャーギャー大騒ぎ
なのでラダーで抱えて降りたり
今は窓から声をかけて
登らせています。
若い時はヒョンと飛び降りたのに
何だか悲しい。

2014/07/29 15:00 | ぴゆう [ 編集 ]


ぴゆう 様へ 

確かに猫も年を感じますよね。
この場合はまた勝手が違うのですが。
まあ、それはそれで別の作品として作りたいですね。

そういうお話も貴重なので、
聞かせていただきありがとうございます。

2014/07/30 19:59 | LandM [ 編集 ]


 

まだここまでですが、ネコのみかんちゃんとの
掛け合い漫才ぽいやりとりが楽しいお話ですね(^o^)
というか、みかん投げちゃうのかい!と
ツッコミましたが(笑)
その後みかんは自力で降りてきたのかな?
またこの後のお話も楽しみです!

2016/02/09 11:47 | りえ太 [ 編集 ]


りえ太様へ 

お、猫神伝説ですね。
続きを書きたいな~~とおもいつつ。
ネタがないのでここまでで終了になっている作品です。
多分、みかんは自力で降りて来たんだと思います(笑)。

また時間があるときにみてやってくださいませ。
コメントありがとうございますです。
(*'▽')

2016/02/09 17:46 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1778-d501f624

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード