FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/08/09 (Fri) 1章あらすじ

1章あらすじ
「ヒンメル。私の孫娘。
 貴女はそのまま世界を平和にしつづけなさい。
 私が叶えられなかった世界の平和を永遠に。」



a0055_000937_m.jpg



急ピッチで建築される高層ビル。
そして道路や線路などの交通機関。

その風景を見るだけで私は癒される。




なぜなら、それらは戦争になるとすぐ壊される。
経済と交通の要所になるからだ。
それを遠慮なく建築している人たち。
この姿こそが世界から戦争がなくなった証拠だと言える。






グッゲンハイム1950年。
世界から国家間の戦争はなくなっていた。





だが、闘争がなくなったわけではない。
テロやクーデターはまだまだ存在する。
永遠になくなることはないだろう。
だから、私は愚直に闘争の数を減らすまで働き続けるだけです。


ヒンメル・ウェスターノが
国家間の戦争を根絶させて5年。
今もヒンメルは国際連盟で平和の為に尽力していた。






1章
あらすじ


地球から遥か離れた惑星。グッゲンハイム。
その大陸で繰り広げられる闘争があったのは過去の話。
現在では国家間の戦争は終息に向かい、世界は平和になりつつあった。

グッゲンハイム国際連盟事務書記長ヒンメル・ウェスターノ。
魔王と称えられた人物の孫娘にして、勇者に教えられた英雄。


ヒンメルはその平和に甘えず、
それでも「より平和の充実」を目指して今も仕事を続けていた。

その脇には、70歳の高齢となる勇者カレンが
今もボディガードを続けていた。


ヒンメルは常に問い続けている。
「平和とは何か。戦争がなくなることだけが平和ではない。」
・・・と。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<プロローグ | TOP | 19話 『雨の日は外に出たくないものニャン』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1799-0cb59bbd

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード