FC2ブログ
2020・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2000/10/10 (Tue) シェクスピア・ノアール人物紹介

syuku_convert_20091010181158.jpg



シェクスピア・ノアール

戦闘能力

筋力……E  技術……B
敏捷……D  魔力……A
物理防御……D
魔法防御……C

クラス

メイガス……A
 

禁呪の使い手において、最低最凶を誇る魔術師。通常魔術師のレベルとしては最高峰とされている。
 過去何度か歴史上に登場したことがあるが、目立った活躍は確認されていない。その理由に、禁呪……ロスト・マジックの知識がないことにある。メイガスという職業はロスト・マジックを使用することはできても、ロスト・マジックの知識を得ることはできないためである。そのため、ロスト・マジックの知識がないこのグッゲンハイムの世界では無用の長物と化しているクラスである。現状を鑑みて、もっと実践的な魔術師クラスを取るものが多い。恩恵は比較的高く、陣地作成Bランク・魔力供給Cと魔術師としての恩恵は高いクラスであるが、他のAランクの魔術師の職業に比べると最低ランクである。
 ロスト・マジックにどのような魔法が存在しているかは、現状では何も分かっていない。





スキル
ロスト・マジック……EX

失われた魔法……禁呪を唱える力を指す。EXランクは全ての禁呪が使用可能。魔力と知識が伴えば星を滅ぼす魔法すら唱えることができる。

陣地作成……B
結界は魔方陣を作成する力を指す。Bランクは魔術師としては並みレベルである。




装備
ゴルフェル・シュアンピス・クリストファ……B

シェクスピアがクロンにねだってねだってねだみ倒して作成してしまった禁呪用の杖である。
丸々1週間工房に閉じこもって作ったクロンの最高傑作とも言える(シェクスピアに毎日監視されていたため)。
形は通常のロッドとは異なり、かなり異型。見る者が気味が悪いと思わせるデザインになっている。
杖の細部に渡るまで眼で確認できないような小さな字で印字が埋め込まれている。
魔力増幅装置としての機能は皆無ではあるが、代わりにロスト・マジックの知識が埋め込まれている杖である。
持つと瞬く間にロスト・マジックの知識が入ってくる仕組みになっている。
ロスト・マジックの知識ランクはBまでである。

印字の内容は下記の通り。

『汝知識を欲するか。
 知識は罪である。
 知識は力である。
 知識があるからこそ、人は精霊に近付くことができるのだ。
 汝、その禁じられた知識をほっするのか。
 その知識は常軌を逸したもの。
 それを手に入れるは汝が常軌を逸す。
 それでも、この杖を欲すのか。
 それが生き物の罪だ。
 それが所業だ。
 さあ、禁じられた知識を叡智を手に入れよ。
 そして、精霊に近付きたまえ。
 汝は常識から迫害されるであろう。
 それが汝の罪である。
 この禁じられた知識は常識を逸脱するものだ。
 その知識を使い、存分に世界の常識を破壊しつくせ』  



ペルシェ・ローブ……C

魔術王国フェルトの有名ブランド『ペルシェ』のローブ。
フェルトの王族のみがそれを着ることが許される……どちらかというと式典用の礼装である。
もともとは、かなりの装飾が施されているローブだが、シェクスピアが実戦向けに改良をした服である。



人物


魔術王国フェルト国王の3女。年齢は29歳
『シェクスピア・ノアール』は偽名であり、本名は『アルファンガード・フェルト』。
しかし、クロノス自治区で彼女を本名で呼ぶものはいない。

探究心旺盛かつ自己中心的な性格であり、フェルト王国禁呪研究所でもその才能をいかんなく発揮する。
とある壮絶な過去をきっかけに禁呪にのめりこむことになる。その結果世界諸国を旅を続け、最終的にはクロンの場所に落ち着く。
現在もクロンのもとで禁呪研究を行っていて、禁呪の理論構築に日夜没頭している。
クロンのパートナーであり、愛人かどうかは言葉の定義次第。
息子が今もフェルトにいる(夫とは離婚している)。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(4) |


<<シェクスピア・ノアールあとがき | TOP | クロノス自治区あとがき>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

貴婦人って感じの容姿です
社交界で踊っていてもおかしくない

2011/02/16 10:33 | ★ハリネズミ★ [ 編集 ]


Re: タイトルなし 

もともとそういう人物ですね。
彼女は。
そういう世界で生きていた人間だったので。

リンクの件ありがとうございます。

2011/02/16 21:13 | LandM(才条 蓮) [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/01/25 20:08 | [ 編集 ]


鍵コメさんへ 

基本的にキャラクターが続編するのもこのお話のモットーです。
アルンはここでも出てきます。
・・・。
・・・・・。
・・・・・・・・まあ、どうなるかはあれなのですが。

サッカーは負けましたね。
巷では内容は勝っていたという話ですが、
結果がすべてです。プロですからね。
結果を受け止めて、次の戦いまでどうするかが課題ですね。


2015/01/26 19:43 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/18-afd6215a

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード