FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/09/14 (Sat) プロローグ

a0990_001254_m.jpg
プロローグ





ああ、魔王様。
先にミルフィールが無へ旅立つことをお許しください。



愛も何もない結婚でしたが、私は幸せでした。
私にとって、魔王に抱いた感情は間違いなく愛情であり、
魔王様以上に愛する人は来世でも前世も
未来永劫いることないでしょう。


貴方様の寛大さのおかげで、ミルフィールはどれだけ救われたか。
魔王様でもお分かり得ないでしょう。


私の母は売女でした。
男を取り替える女であり、妹のショコラとも異父姉妹でした。
家族を憎んですらいました。
その私が家族という体裁を取れたのは、
ひとえに魔王様の寛大さゆえでしょう。






この愛情は永遠に
グッゲンハイムの大地の残り続けるでしょう。

魔王様が生き続ける限り。





そして、願わくは。
私とともに虚無へ帰りましょう。
それこそが私の魔王様に対する
最大の愛情なのです。







グッゲンハイム1907年。

ヒンメルの祖母。
ミルフィール臨場の言葉。


末期のミルフィールの世話をした女性が記した。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<1話 | TOP | あらすじ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1837-9a770f4f

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード