FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/11/22 (Fri) 4話

a1180_001136_m.jpg

4話「魔王の本性」

ヒンメル
「それでは今回のテロ事件の首謀者のクロン・ウェスターノのことを
 教えて頂いていいですかね。まずは経歴からでいいです。」



まずはそこから。
・・・ということになる。


今回の地下鉄テロ事件の首謀者は間違いなく彼である。
そのため、彼の人物像を知る必要がある。












カレン
「かっ飛ばして言うと、クロノス自治区、
 現在はクロノス国家建設の立役者だ。
 


 お前の祖父でもある。
 エルフ・獣人・竜をまとめた稀代の魔術師だ。
 

 その後は人間の国家と戦いを続け、最終的にはその戦争の最中で死んだ。
 







 ・・・・・と思われていたのだが。
 生きていたな。」














魔王クロン・ウェスターノ。
稀代の魔術師にして召喚術師。
彼はその召喚術と魔法。




運も味方をしたのか、
彼は時流に乗って1920年までの歴史の中心人物である。












彼は時代を変えた。
人間中心の世界からエルフや獣人なども共存する世界を確立した。




最終的に彼の行動はそういう世界の確立の礎となった。
そのため、人間以外の種族から見れば神みたいな人物であった。



戦争途中で消息不明になり、
死んだと思われていた。








実際に生きていれば、
彼はクロノス国家に戻っていただろし。
立場や金銭面から考えれば戻るのが当たり前である。




それが消息不明になって戻らなかった。




・・・それは死んだということだろう。
そう思った。




















ヒンメル
「まず一つ目の疑問なのですが。
 どうして、この30年間、
 姿を現さなかったのでしょうか?」




一つ目の疑問である。
魔王クロン・ウェスターノは立場も財産もある人物である。
故郷に戻れば金持ちであり、
権力もある人物である。




それを捨ててまで、
姿を現さないのが普通の人物では考えられないことである。















カレン
「あの男は本質は虚無であり、
 行動原理は魔王の恋人によって
 大きく左右される。

 



 一人目の妻であるミルフィールは世界の平和を願った。
 そのため、魔王のそのための行動は平和を願った行動であった。
 




 二人目はミルフィールの妹であるショコラだった。
 基本的には行動原理は変わらなかったのだがな。
 だが、破滅的行動が目立っていた。
 



 虐殺行為や徹底した軍事行動が見られるようになった。
 ショコラは明らかに破滅を望んでいた。
 

 そのショコラという女性は戦争途中で魔王を守るように死んだ。
 その後、あの男は消息不明になった。」











ヒンメル
「・・・・・つまり?」








カレン
「3人目の恋人が願ったことは正確には分からない。
 だが、『平和で穏やかな夫婦生活』みたいな
 願いだったのだろう。
 



 だから、今までの立場を捨てて、
 穏やかな夫婦生活を過ごしていたのだろう。」








ヒンメル
「・・・・・ふうむ。」



なるほど。








魔王という男の本質が虚無だと言う。
行動原理は恋人によって違う。



つまり、この30年間表舞台に出なかったのは。
結局のところ、恋人の影響ということか。

それだったら、ずっとそれでよかったのだが・・・。
















ヒンメル
「・・・・・ということは。」

カレン
「死んだのだろう。30年も一緒に居たんだ。
 病気で死んだんじゃないか?」



それがイメージとして妥当か。
魔王の行動原理が恋人に左右されているのは事実だろう。

 








「…私はやる気がなかったのだがね。
 だが、孫娘が世界と自分の破滅を願うのであれば、
 それを叶えてやるのが魔王の勤めだと思ってな。」


・・・というセリフがあった。

つまり、魔王の行動原理が恋人に左右されるのであり、
30年間出てこなかったのは、
それを恋人が望まなかったということだろう。
















ヒンメル
「つまり今の恋人は・・・・。」

カレン
「望んでいるな。明らかに破滅を。」



そういうことだろう。
恋人になって何にも変えられる。
そのまま死んでくれれば、いっそ幸せだっただろう。
彼にとっても。




だが、3人目の恋人は死んでいる。
彼をのんびり過ごしていけるのは無理と言うことだ。



彼は今の恋人の願望により、
世界の破滅を望んでいるということだろう。







スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

魔王ってそんなに主体性がなくてもできるのか……(^^;)

それとも老子の「水は方円の器に従う」を地でやっているのかなあ。

2013/11/23 14:28 | ポール・ブリッツ [ 編集 ]


ポール・ブリッツ 様へ 

ベースの願いはということになります。
具体的な方針は魔王が決めるので、
その辺は魔王の力量になります。
もとより魔王と持ち上げたのは周りなので。
彼も乗り気になっただけというのもあります。
コメントありがとうございます。


訪問できずすいません。。。
時間を見つけていきます。。。。

2013/11/24 07:40 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1901-4fc37ce8

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード