FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2013/12/20 (Fri) 4話

a1180_007646_m.jpg
4話「孫娘は祖母を嘲笑する。」





この本は・・・。
存在してはならない。
処分した方がいい。
そう思えるような内容だとヒンメルが判断しつつあるからである。



「ミセス・ミルフィール。
 私はミルフィールを呼ぶときそう読んでいる。
 
 お前の祖母は未来のあらゆる可能性が見えていたと言っていた。
 だから、魔王の資産の3兆イェンもの莫大な金を使って、
 この世界を平和にするためにあらゆる布石を打っていた。
 


 ・・・というか、それしか考えてなかった女だった。

 だから、自分の妹ショコラの家系を皆殺しにしろなんて
 物騒なことまで書いてあるんだ。

 おそらく皆殺しにしなかったら
 世界が混沌に陥る。
 そういう未来が見えていたんだろう。」





カレンは恐らくある程度、この本を参考にして行動したのだろう。
それは正しい判断だ。

もし、この預言書を参考にして行動しなかったら、
まだ世界は平和になっていないだろう。
それはヒンメルでも分かる。
















「・・・私は痛感しますよ。
 どれだけ祖父と祖母が
 偉大なる人物だったかを。
 

 その点に関してだけは感謝します。
 

 祖父母としては
 大失格はおろか問題外ですけどね。」




ふん。

ヒンメルは鼻で笑った。






祖父母が偉大なのは分かる。
尊敬もしている。
分かるが、それと同時に侮蔑もした。






歴史上の人物では良い人だろう。
だが、それで犠牲になった人たちは溜まったもんじゃないだろう。

それが心の奥底でよぎったからだ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

全てが見えるってことは、「何も見えない」と同義語だったりするからなあ……。

そんなことを感じた今日でありました。

コメント遅れてスマソ。

2013/12/21 14:53 | ポール・ブリッツ [ 編集 ]


ポール・ブリッツ 様へ 

かなり的を射ておりますね。
彼女の幸せなのは、そのことをわからずに亡くなったことかもしれません。
彼女は平和と未来以外は何も見えなかった。
それだけの人物です。
まあ、コメントはいつでも大丈夫です。

2013/12/22 20:10 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1920-51d2717e

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード