FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2014/01/06 (Mon) 6話

a0790_000286_m.jpg
6話「楽園の冷たさ」






エクレア
「ねえ・・・さん・・・・なにを・・・・・・?」


ヒンメル
「何。大したことではありませんよ。。。。
 ちょっと心臓発作の魔法をかけていただけです。
 死に至るような強さではないですから、
 大丈夫だと思います。」



エクレアは普通の会話のように答えた。






当たり前のことであるが。
エクレアが倒れたのは偶然ではない。
心臓発作で倒れたのである。


しかも、意図的にである。
ヒンメルが心臓発作でおこしたのである。















かなり高い難度の魔法である。
精霊が称える集中力と知力を要する。


人体の血管がどのように構造されているか。
冠動脈や動脈静脈、毛細血管に至るまですべてを頭に叩き込む必要がある。
そして、それをエクレアの身体に当てはめる。
エクレアの全ての血管を把握する。
そして、その一部分の血管を圧迫する。


ただ、それだけのこと。
魔力自体はあまり使わない。









この魔法形態であるため。
実際戦闘では使われない。
動くと、血管も動き流れも変わる。
そうなると使用できない。
戦闘には圧倒的不向きな魔法である。




幸いにも。
今回はエクレアが会話に集中していた。
そのため、最小限の動作であったために今回は成功した。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<7話 | TOP | 5話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/1933-9258e8d6

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード