FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2014/09/06 (Sat) 10話「発端」

a0790_000819_m.jpg
10話「発端」





殺される。

至近距離のアンデルセン。
持っているのは聖剣。

これで刺されればさすがのヒンメルも致命傷である。
最悪、首が飛ばされる。














それで終わる。

この状況で打開できる方法はなし。
あるとすれば、アンデルセンの慢心だが、それも期待できないだろう。















ガキン!!!!


その瞬間、聖剣があさっての方向へと投げ飛ばされた。
ヒンメルとは違う。
全くの違う方向に。


















ヒンメル
「・・・・・・・・???????」


混乱したのはヒンメル。
何故に攻撃を反らしたのか。














・・・・・いや、そもそもアンデルセンはヒンメルに反逆していたのか?







そういえば。
アンデルセンは何も言っていない。
ただ、ヒンメルに攻撃をしてきただけだ。
いや、それだけで十分に反逆行為と受け取れるのだが。
その真意を知らない。どういう理由で攻撃を仕掛けているのか。

それを知らない。















???
「うおおおおおおおおおお・・・・・・・・・・・・・・・!!!!」





怨嗟の声が聞こえる。



どこから?
ここにいるのはアンデルセンとヒンメルだけ。

それ以外にいないはず。




・・・・・少なくとも生きている人は。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<11話「事件の首謀者」 | TOP | 9話「魔王と組する聖者」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2086-537676a9

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード