FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/03/07 (Sat) 1話

5-2.jpg
1話




グラド
「……といっても、まだまだ入学生。

 ここはモンスターを抑えることしかできないぞお!?
 俺は!!!!」



Σ(T□T)





両手で握ったバトルアックス。
力いっぱいぶつけたがモンスターの突進力は凄まじい。
どうにか突撃の速度を一次的に緩めるのが精いっぱいだった。


俺の後ろにいるエルフを振り返ることはできないがまだそこにいる。


















sai.png


モンスター
「グガアアアアアアアアア!」






後ろで不規則ながら走り去る足音が聞こえた。
これで護るべきものは守った。




全身の力をバトルアックスに込めて足を踏ん張る。
滑っていた足の裏がしっかりと地面を掴み。




モンスターと拮抗する。














ガリウガ
「よくやった!大人しく、しろ!」



バキイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!






教官が間に合い。
モンスターの首の後ろに体重をかけた棍棒の一撃を叩きこんだ。
モンスターは泡を吹いて白目をむき。
地面に豪快に倒れた。




















sai.png


モンスター
「ごおおおおおおおおおお・・・・・・・・・・・・・。」




バタン。



モンスターは教師の攻撃であえなく倒れた。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<2話 | TOP | 3章「入学式のトラブル」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2250-e37f0705

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード