FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/03/07 (Sat) 3話

寮室内(夜)
3話





グラド
「ふぅ、こんなものか。
 …荷物と言っても、そこまでないし。
 

 それに大体のものは寮の中にあるのが便利だな。
 こういう学園は。」


(゚‐゚*) ホケーッ・・・






俺は持ってきた荷物の整理を終えてベッドに横になった。
グラル校には全校生徒収容可能な寮がある。


そんじょそこらの住宅よりもよほどしっかりした作りのマンションタイプの建物だ。



部屋を見回す。
家具のほとんどは寮に備え付けてあるものだ。






それは机や椅子。
ベッドに当たるわけだが。
それらはすべて2つあった。
それもそのはず。
この寮はすべて相部屋だった。























ガチャ





ドアの開く音がしたので目だけをそちらに向ける。
ドアは確かに開いているのだがそこに人の姿は見えない。













グラド
「ふむ、心霊現象か。流石は冒険者養成学園だ。
 寮内でもスリリング一杯につくってあるということか。」


(´○`; ポカーン


















3-A通常


トイカ
「その反応はいろんな意味でおかしいよね?
 

 ねえ。ねえったら、
 それ遠まわしにチビって言っているよね?」



(`(エ)´)ノ_彡☆ブーブー!!

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<4話 | TOP | 2話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

相部屋...そうですよね
どうせならかわいいこと一緒にとか思いますね

それにしても、遠まわしな言い方
てっきりほんとに心霊現象でもおきたのかと思っちゃいました

2015/03/22 00:40 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

遠回しな言い方はLandMの特徴ですねえ。。。
さすがにお色気ではないので、可愛い女の子が入るわけではないですが。
ある意味、よい組み合わせのコンビになると思います。

2015/03/22 10:07 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2252-c8883ccb

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード