FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/03/14 (Sat) 5話

寮室内(朝)
5話





トイカ
「あ、おはよう、グラド。
 今日もランニング?
 やっぱり戦士学科は身体が資本なだけあるねえ。」


 ̄O ̄)ノオハー







グラド
「うむ、余計なところでも走ったのだが、
 まあそれはいいや。
 

 魔術師も身体が資本だと思うが。
 体力はつけたほうがいいぞ。」



実際に魔術師と言えど体力は必要だ。
特に冒険家になるとしたら。

これが軍の魔術師だったら、
完全に後方支援の魔術師もいるが。
あいにく、冒険家はいろんな場所に行かなければならない。


それを考えると体力はいる。
それを踏まえての冒険科魔術コースなのだ。


軍養成科もこの学校にはあり。
そちらの魔術師養成はまた違うのだ。


完全に。
だから、こちらの魔術師養成は体力育成もある。











トイカは。。。。
まあ、見た目から言えば不合格だろう。

俺よりも彼がランニングをすべきような気がする。








3-A通常


トイカ
「別に僕は冒険家になる為に冒険学科に通っているわけじゃないけどね。
 どちらかというと冒険家の道具を作る人になりからだし。」


。。。o(゚^ ゚)ウーン



グラド
「そうなのか?初めて知ったぞ。」


(・_・?)






















トイカ
「僕の親が冒険家専門の道具を作っている企業に所属しているんだ。
 だから、それを学ぶためにここに来たのさ。」


グラド
「なるほど。確かに冒険者の気持ちが分からなければ、
 冒険者の道具は作れないということか。」


トイカ
「そういうこと。
 だから、グラドのように真面目に冒険家を目指している
 人がルームメイトが良かったと思っているよ。」









なるほどな。
確かにトイカみたいな人物もいるのだろう。
冒険科だからといって。
皆が皆それになりたいわけではない。



トイカのように研究者志望でもあるだろう。
冒険用の道具は沢山ある。
簡易式の結界。
休憩道具や。
携帯食料や回復道具。





それらをどうのようにしたら使えるか。
それは非常に重要である。






勿論、現場の意見としても集めるだろうが。
研究者自身も冒険は何かを経験するのは重要だ。
特に有名な研究者になればなるほど。











おそらくトイカは。
そういう優秀な部類の研究者になろうとがんばっているのだろう。
両親の進めもあるのだろうが。



こういう研究者志望のものがいると確かに助かる。



俺としては。
いや、冒険者全体としても助かるだろう。


願わくば、彼もそういう研究者になってほしいもんだ。
優秀な研究者に。














グラド
「なるほど。将来、俺が一人で冒険しないといけないときは
 道具に頼ることになるだろうからそのときはよろしく。」

トイカ
「そうだね。
 実験用の道具を優先的に回すようにするよ。」



(*^-^)/\(^-^*)ナカマ!






うむ。
こういう約束もいいもんだ。
将来、冒険家志望の俺。
そして、冒険家用の道具を開発するためのトイカ。
この時点で結構、将来が決められているようなものだ。




いや。
夢と言ってもいいだろう。

この類は。
俺は冒険者の為に。
彼はアイテム開発の為に。
この学校に通っている。
自分の理想をかなえるために常に真剣に勉強に取り組もうとしている。
これこそ学校の。学生のあるべき姿だ。












。。。まあ。
みんながみんなそうであれば苦労しないのだが。
それはそれだ。
それぞれ事情があるさ。




















・・・・さてと、学校へ行くか。
スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


<<5章「朝からのトレーニング」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

グラドくんマジメですね!
そう、毎日の地道な努力が明日の栄光を約束するのです。
仲間ともうまくやっていけそうですね。
ガンバレ主人公(^O^)

2015/03/14 14:03 | 椿 [ 編集 ]


さすが 

おじさま…もといグラド様
トレーニングに余念がないですね。
細かい裏設定とかぬかりないのですね。
道具屋さんとか…面白いですぅ。

2015/03/14 17:32 | TYPE MM04 [ 編集 ]


椿 様へ 

意外に・・・というか。
普通に真面目です。彼は。
ただかなり天然ではありあすが。
頑張っている主人公ございますです。

2015/03/14 17:34 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

細かい裏設定は確かにありますね。
表にすると裏設定ではなくなりますが。
もっと道具とか使えると面白いのですが。

2015/03/14 17:36 | LandM [ 編集 ]


 

俺より彼が、のくだりに笑いそうになりました。
ここは適材適所。お互いの助け合いがすでに。
部屋割りした人も、そういうところを考えてこの二人を一緒にしたのですかね。
さて、学校頑張ってね。

2015/03/14 17:52 | けい [ 編集 ]


けい 様へ 

なんだかんだで相性がよい二人だと思います。
そこまで考えて部屋割はしてないですが。。。
何にしても、彼はそれなりに協力してくれるの助かる存在です。

毎度のコメントありがとうございます!
>^_^<

2015/03/14 23:11 | LandM [ 編集 ]


 

今日は。

クラド張り切ってますね^^
先輩とも仲良くやって行けるかな♪
寮の部屋はそんな感じなんですね。
そこまで拘るなら上級生になったらサバイバル訓練とかしたら男女相テント生活みたいな訓練とかもありそうですね。

トイカとは職人と戦士として、将来的にも持ちつ持たれつの関係性が生まれそうで、お互いにとってナイスですね。
うん、良い関係が築けそうだ^^

2015/03/15 16:13 | 涼音 [ 編集 ]


涼音様へ 

この辺は模範的ですね。
これから暫くはオーソドックスな学園ファンタジーが待っているので、ご期待あれ。ですね。

この二人はなんだかんだ長い付き合いになります。お互いに楽しいコンビなので、末永く御覧あれば幸いです(^-^)/。
いつもコメントありがとうございます\(^o^)/

2015/03/15 16:44 | LandM [ 編集 ]


 

朝からトレーニングの為に走るだなんて、
グラドもなかなか頑張ってますね~。

それにしても、アルフェにはやっぱり警戒されちゃってますね(><)
まぁ、見てしまったから当然と言えば当然なのですが(笑)
最初は警戒されて徐々に仲良くなって行くというのも、
主人公の役目みたいなものですし、徐々に仲良くなって行ければいいですね~。

トイカは冒険家の道具を作る人になりたいんですね~。
冒険家志望のグラドと、研究者志望のトイカ、
目的は違えど、将来的にお互い良い関係になれそうですね(´∀`)

2015/03/15 20:24 | ツバサ [ 編集 ]


ツバサ様へ 

毎度コメントあざーす(^○^)
まあ、この辺はお約束路線まっしぐらです。
あえて、そうしていて、その約束と分かりつつ行動しているグラド君に乾杯。。。というところです。

トイカの活躍はないのですが、存在感はあるので、今後の期待です。
毎度コメント改めてありがとうございます(^_^)/

2015/03/15 22:07 | LandM [ 編集 ]


 

なるほど...冒険家の道具作りの志望だったんですね

たしかに道具は大事ですよね
いくら冒険家が優秀でも道具が2流品だったり中途半端だったら
能力もはっきできないだろうし

その点トイカ君なら優秀な技術者にもなれそうだし
案外この2人のコンビはいい感じかもですね

2015/04/03 00:58 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

道具は道具で大切です。
その辺も冒険家らしく活かしたいな・・・というのもありまして。
こういう設定になりました。

なんだかんだでこの二人は良いコンビです。
いつもコメントありがとうございますです。
(*^-^*)

2015/04/04 10:38 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2261-d01f8d53

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード