FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/03/28 (Sat) 4話

仕事絵空(夜)
4話






それから1時間程度、日の入りを迎えるよりも早く。



森は夜に見舞われた。
地面はぬかるみ。

体温の低下と相まって急激に体力を奪っていく。














雨が降りだす前に大木のうろを見つけられたのは幸運だった。
来る途中で手に入れた果物もあるし一通り夜を越す準備が出来た。











1-A通常


・・・ふう。
食料はなくていいと言ったが。


それでもあると嬉しい。


何も入れないのと。
何かを少しでも入れておくのは格段に違う。


圧倒的に違う。
何も飲まず食わずだと3日。



水分があるだけで1週間。




食料が少しでもあれば2週間は持つだろう。



・・・まあ。
そのときの気温や環境などにかなり影響されてしまうのだが。







折れて朽ちかけた大木に開いた穴をサバイバルナイフでわずかに拡張して体を押し込む。








恐ろしいほどの簡易な即席テントだろ。
木の穴だぞ。

キツツキじゃないんだから。
木の枝を使って入り口を隠蔽した。
これは雨露を凌ぐために配した。
まあ、もしこんな状況になったら使ってくれ。

・・・・・使わないな。
絶対に。









3-A通常



真面目にトイカがいれば、どうとでもなるな。
やっぱり、魔術師の冒険者は冒険に必要だと感じる。



そういうことを学ぶにも良い機会だった。
・・・そう感じよう。



さてと・・・他の生徒はどうするかな。
見てみるか。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2272-fc20198b

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード