FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/04/25 (Sat) 4話

魔王通り2(昼)
4話




大地を踏み切る足に力を込めていく。
一歩ずつの前に進む力が増し。

空気の抵抗を減らすために前傾姿勢に近付いていく。
獣人である俺のその姿は端から見ればモンスターのように見えるかもしれない。


ドドドと地鳴りを響かせて男に迫る。













窃盗犯
「くそがぁ!これでもずっと逃げ続けるぞお!!!!」


ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(;-_-)/ゼンリョクダッシュ







1-A通常


う~~~む。
伊達に引ったくり稼業をしているのか。

足が速い。
本当に速い。


こんなに速いのなら職業を変えたほうがいい。
・・・というぐらいの速さだ。





















さて、どうするか。
見たところ素人ではない。


玄人だろう。
単純な足勝負では負けるかもしれない。


罠を仕掛けるか、
他の手段を考えないと・・・いけないな。









2-A通常


・・・・と思っていたら。
目の前にアルフェがいた。



おっと。
・・・ということはこの状況を察してくれそうだ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2300-4689f260

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード