FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/05/30 (Sat) 1話

仕事絵空(夜)
1話





そして夜が来た。


3年女子
「この辺りで使い魔が1年を見たそうよ。
 きっとこの近くに潜伏しているはずだわ。」

2年男子
「1年の癖に生意気な。
 去年の俺みたいにさっさと諦めて寝てりゃいいのに。」

3年女子
「優秀な後輩がいるのは良いことよ。…!」


3年の女子が突然大きく飛び退いた。
2年男子が慌てて同じ方向に目を向けてくる。



1-A通常


ザッザッザッザッザ。



| ̄(エ) ̄) |(エ) ̄) | ̄) |ドロン!パッ *






2年男子
「あ、お前は、おっさん!」


そこに立つ俺に今気が付いた2年男子が
後退りながら指を突きつけてきた。


3年女子はすでに腰に差していたナイフを
逆手に握って臨戦態勢を取っていた。


さすがは上級生、大した反応だ。
良い反応をしている。







3年女子
「リーダー自らお出ましね。
 この先に他のお仲間がいるってことでいいのかしら?」









1-A通常


グラド
「…」



語るべきことは何もない。
ただ不動の意志を示すようにバトルアックスを構える。


2年男子はすぐさま斬りかかってきそうなほどに
俺を睨み付け武器を向けてきた。






1_201505022052225da.jpg


バシュッ!!



ドゴオオオオオオオオオン!!!!








先輩の足元が爆ぜる。
さすがは冒険学科の生徒。
完全な奇襲攻撃をかわした。






2年男子
「な、何だ今のは!?魔力弾か?」

3年女子
「遠距離攻撃まで持ってるなんて厄介な子ね。」


牽制の効果は上々。
相手は俺から一定の距離を置いた。
手の内を隠しつつ時を待つ。











1-A通常


グラド
「…」


ただひたすらに黙して。
スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<2話 | TOP | 15章「歓迎祭・作戦開始」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2334-bf13ccef

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード