FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/06/13 (Sat) 2話

10.jpg
2話




2年男子
「それで妨害したつもりか?」



キュイイイイイイン!!

嘲笑しながら蜥蜴の獣人の先輩がワイヤーを押しのけようと触れる。




2年男子
「痛ッ!なんだ、この切れ味は!?」




1-A振り上げ


グラド
「マイクロワイヤーだ。
 不用意に振れれば腕だって斬り落とせるぞ。」

2年男子
「な、なんでそんなもん持ってるんだ!?」






















ライサ森昼800×600

グラド
「冒険者のたしなみだと言ってくれ。
 
 仕込み武器をいくつも
 持ってないといざというとき困るぞ。」

( ̄ー ̄ゞ






列を成す先輩たちに動揺が見て取れた。
不用意に触れれば切れるワイヤーはどうしても進軍速度を低下させ。


警戒しながら通り抜けるためこちらへの注意が散漫になる。
各個撃破には最適だ。

















1-A振り上げ


グラド
「よし他のやつは射撃再開。
 崖の壁面を狙って押し流せ!」


(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!










3-A通常

トイカ
「OK~~~~!!!いくよ!!
 後方支援なら僕の腕の見せ所だあああああ。」

(⌒0⌒ゞ ラジャ








1_201505022052225da.jpg


ドドドドドーーーーーーーン!!!!!







前線は順調。
徐々にこちらが押してきている。


やはりかく乱の効果は出ている。
後はこちらの体力が続けば、乗り切ることは出来る。




・・・おそらくだが。
それも俺次第というところもあるが。




スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<3話 | TOP | 1話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2347-84180d0e

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード