FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/06/13 (Sat) 4話

1-A振り上げ
4話





グラド
「よしあと少しだ。あと少しだけ持ってくれよ!」

ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡









時間と体力との勝負。
どちらももうギリギリだ。


俺の目の前で牛の獣人が棍棒を両手で振り上げた。
俺はバトルアックスで応戦しようとして。
























ライサ森昼800×600


グラド
「くっ。」


・・・(゚_゚i)タラー・・・



遂に限界を迎えて足がもつれ、
致命的な隙を見せてしまった。






















3年男子
「もらった!」


轟と唸りを上げて棍棒が振り下ろされる。
体勢を崩した俺に避ける事は出来ない。









2-A構え


アルフェ
「ああ!」

( ̄□||||!!




後ろからアルフェの悲鳴にも似た声が聞こえた。


その時、俺は崖の上から迫る影を見た。
その影はまっすぐに先輩の上に向かって落ちてきた。






























1_201505022052225da.jpg



増援
「残念だがもらってないな。」

3年男子
「なにぃ!?」


バキイイイイイ!!!!




回し蹴りで棍棒を弾き飛ばされた先輩が呆然としている間。


降りてきた獣人が無防備などてっ腹に拳を叩きこんだ。
崩れ落ちる先輩の向こうで男がにやりと笑う。





















増援一年生
「あんたらのお陰で
 こっちも随分と楽をさせてもらったからな。
 

 少しくらいは還元させてもらおうか!
 俺だけじゃなく他の奴らも来てるぞ。


俺たちは全制覇できないが、お前たちは全制覇しやがれ~~~~!!!!!」





見上げると1年でも実力者たちが次々に崖から降りてくる。







スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<5話 | TOP | 3話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2349-4cfb176c

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード