FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2016/01/16 (Sat) 1話

ライサ森昼800×600
1話





1-A振り上げ

グラド
「砕けろ!焼肉~~~~~~~!!!!!!!!」


(ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ピーーー!






10.jpg

ドゴォ




俺の振り下ろしたバトルアックスが地面に激突して大地を爆発させる。
噴き上がった土砂が周囲に飛び交い地面に降り注いだ。


ちなみに焼肉というのは斧を振るときの掛け声だ。
「たあ!!」とか「とう!!」とかと同じ意味だと思ってくれればいい。


よく分からないがいつの間にかそういう掛け声をしていた。
特に他意があるわけではない。



















4-A微笑


リビア
「凄い凄い!これでお仕事終わり。
 いや~~~、やっぱりパワー系がいると楽ね。」

(*^_^*)



1-A通常

グラド
「『仮面戦隊グラルレンジャー』はこんな害虫駆除まで請け負っているのか?」

( ̄д ̄)




俺たちが…というか俺がさっきやっていたのは森に繁殖したムカデの駆除だ。
地面の爆発や降り注いだ石や土によって巣とほとんどの個体は潰れたはずだ。

















リビア
「もちろん!!人が困っていたら即登場!!!
 それがグラルレンジャーの・・・・・・・・」

(・´з`・)



グラド
「分かった分かった。
 考えてみれば、こういうのが冒険家の依頼だな。」

( 一一)



組まされたのがリビアで。
信頼された方がいいのかどうかはなんとも言えないが。


仮面戦隊がいかがわしいものであるかどうかはともかく。
多分、大丈夫なんだろうが。



それでも彼女がそういうのに入っているのは多少疑問には思う。
思ってはいけないのだろうが。


















まあ、確かに個人の性格はともかくとして。
今回を依頼を定義すると、特段変な依頼というわけではない。


でっかいムカデが繁殖して、他の生態系を脅かしている。
・・ということを考えれば、退治してやるのが冒険家だ。


あのムカデたちが繁殖しすぎて、土砂崩れがおきやすくなっているとか。
あるいは、町に侵略するようになってきたとか。















ファンタジーの世界のムカデを舐めてはいけない。
変な成長の仕方をして、巨大化することだってあり得る。

かなり嫌な想定であるが、それはそれだ。
モンスター化することはあり得る。












得てして冒険家とはそういうものだ。
軍人では対処はしないが、警察でも対処できないもの。


将来的に脅威となりえるもの。
そういったものを排除するのも冒険家の仕事である。














ファンタジーの世界特有と言ってもいいのかもしれない。
この世界の冒険家はなくてはならない仕事ではある。


いわゆるモンスターハンターとも言う。
こういうことを生業をしているものは多い。
国内の維持は警察だけでは対処できないのである。


人の対処は警察が。
モンスターの対処は冒険家がまかなっていることが多い。


下らない仕事のように思えるが、
冒険家とはそういうのが仕事のようなものだ。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<2話 | TOP | 28章「最終エピソード 夢の最終回?」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2530-d2e9d395

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード