FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2016/01/23 (Sat) 1話

寮室内(夜)
1話





グラド
「そういえば、戦士学科の進級試験は厳しいのか?」

ヽ(~~~ )ノ ハテ?



トイカ
「うん?う~~ん、厳しいわけではないけどなあ。
 ホルンの森に二人一組で投げ出されて帰ってくる。
 ・・・って試験が毎年だね。

 ホルンの森の国境線間近まで行くから。
 学園まで帰ってくるのに1週間ぐらいかかるかな。」

(@_@;)





そりゃ、滅茶苦茶厳しいぞ。

ホルンの森って言ったら、
国境線で戦争やっている危険地域だぞ。


モンスターはいるわ。
軍人はひしめいているわ。
ジャングルのように森が深いから迷子の確率も高い。
知識と実力が求められる難易度が高いテストである。

















トイカ
「大丈夫大丈夫。
 モンスターとかは軍人学科がクロノス自治区軍と合同で倒してくれるらしいし。

 モンスターに襲われて、滅茶苦茶やばい状況になったりはしないよ。
 ・・・多分。

 求められているのはホルンの森でのサバイバル能力だから。」

(・´з`・)



多分、と言う言葉には突っかかるが。
それは流しておいて。

後で聞いておこう。


とりあえず、軍人学科とも合同でやるからそこまで危険はない。
そして、軍隊とも連携を取れているから、ドンパチも少ない。

求められているのはサバイバル能力か・・・・。








・・・・。







・・・・・・・・。







・・・・・・・・・・・・・・。





アルフェが一番ない能力だ。
ナイフの扱い能力も低いし、体力も筋力もない。
ホルンの森に投げ出されて生きて行けるか。
それは確かに至極問題である。

















2-A通常


客観的、じゃなかった。
俺の視点から見ると。

アルフェはこの進級試験はかなり難しい。
途中で足を引っ張って、おんぶに抱っこになって終わるのが目に見える。


それじゃ戦士学科として駄目なんだ。
戦士学科は自分がおんぶをしないといけない存在なのだから。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<2話 | TOP | 29章「最終エピソード 進級試験」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2536-c643ced5

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード