FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2016/02/06 (Sat) 5話

魔王通り2(夜)
5話




1-A通常

グラド
「よし、それじゃアルフェをおぶるぞ。ここまで良くがんばってくれた。
 後は俺が全部担いで帰るぞ。」

(*^_^*)


2-A通常


アルフェ
「いやですわ!!

 ここまで来たんです。最後まで……。

 ゴホゴホ。
 置いていくなら置いていってください!!」


(≧ヘ≦)


まあ、この問答は予想通りだ。
俺がおぶるのを言う。

そして、アルフェが断る。
この辺は予想通りなのだが、はいそうですか。という状況でもない。



時間はギリギリだ。そして、朝が来る。
アルフェはよくがんばった。




彼女の体力限界を超えていっただろう。






















仕事絵空(夜)


それで、入り口までたどり着いた。

アルフェの能力から言えば健闘以上のものだ。
これ以上がんばることは不可能だろう。




約束通り、ホルンの森は超えた。
ここまでくれば、後はどうなろうと先生の裁量次第と思う。


・・・・のだが。









街に戻ったから、手伝っても大丈夫~~~。
なんてどうなのかは、俺は先生でないので分からない。




俺が先生なら温情を与えるが。


生憎。
先生は冒険家になった後を考えている。
死なない冒険家になってほしいから、厳しいことをやっている。

それは分かっている。




町を通過して、突っ走って学園に戻るだけだ。
そこまで細かい採点はしないだろう。

・・・と思っている。







1-A通常


グラド
「矜持は取り戻すことが出来る!!
 …しかし、命は取り戻すことが出来ない。

 サハク・シュラインの言葉だ。
 従うんだ。アルフェ。
 生き残るために。」

(-_-メ)


2-A通常


アルフェ
「・・・・・・・・・・。」

(´゚д゚`)






これは実際の言葉である。
サハク・シュラインとは隣の国の少年王と呼ばれている王様だ。




三歳の頃から王様にになり、今では手腕を発揮している政治家だ。
世界でもトップ10に入るほどの政治家だと言われている。



まだ、10歳ぐらいなんだがな。
本当に天才とも言える政治家である。



彼は色々な名言・・・迷言もある政治家で有名である。
まあ、それはともかく。




彼が微妙な采配を求められたときは、この言葉を視点に考える。
プライドは取り戻せる。命は取り戻せない。
結構、この言葉は何かと引用されているときが多い。


















特にグッゲンハイムの真理を付いている言葉としても定評がある。
プライドは取り戻せるが、命は取り戻せない。
特に政治家には大事にしてもらいたい言葉である。


そして、冒険者も同じことが言える。
軍人と冒険家は違う。


プライドよりも命を大切にするのが冒険家だ。








魔王通り2(夜)


アルフェ
「分かりました・・・・。その通りですわね。
 お言葉に甘えます。体力は今後の課題ですわね。」


<(_ _)>



もっとも、3年間の課題になると思うが。
俺から見れば、ギリギリ合格ラインだろう。


俺から見て。
・・・であって。
先生からみたら分からない。








まあ。
これで落ちたら、俺も抗議しておこう。


とりあえず、ホルンの森は超えた。
それだけの体力はある。

合格ラインには乗っている・・・はず。





そして、危険な時には忠告を聞き入れる柔軟さもある。
それを見せる意味でもさっきの言葉を言ったのだが。




それらを踏まえたら、及第点には乗っかっているだろう。







・・・・というのが。
俺の楽観的な考えであるのだが。


























さてさて。
どうなることやら。



アルフェは合格するのか。
あるいは否か。




そして、30年ぶりの全員合格のはなるのか。
それは先生しか分からない。





やれることはやった。
あとは受け入れるしかないだろう。




アルフェが落ちたら、俺の指導不足だ。
そして、アルフェの力不足でもある。



それはそれで学びだ。


アルフェ程の気概なら。
魔法学科で冒険家になるだろうし。


俺も教えるという立場で、人を救う立場で勉強になる。
そういう勉強をさせてもらった。







・・・・。






・・・・・・・・・・・。







・・・・・・・・・・・・・・・・・。





学校(夜)


ひょっとしたら。
そういうことも狙って、この配置にしたのかもな。


俺は指導の勉強。
そして、アルフェは生き残るかどうか。


そういう采配かもしれない。










やれることはやった。
後は受け入れるだけだ。

アルフェも同じだろう。
これで落ちたら戦士学科は無理だった。
それを受け入れるしかない。




・・・・結果はどうなのか。
それは来週にならないと分からない。



スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(16) |


<<32章「最終エピソード 進級試験試練篇」 | TOP | 4話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

むふー(´-ω-`)
果たして二人は合格できるのでしょうか?
続きをお待ちしております!

2016/02/06 09:40 | 野津征亨 [ 編集 ]


 

アルフェ頑張りましたねー!
根性あるよ……!!
どうしてこんなに戦士としての冒険家になりたいのかな、知りたい気持ちが強くなってきました。

グラド君もフォロー頑張りましたね。ひとりで踏破より彼には辛かったでしょうね。

おつかれさまでした! 良い結果でありますように、と祈るのみ。

2016/02/06 09:59 | 椿 [ 編集 ]


やー 

ついに街まで戻って来ましたね。
ホントにコレで何ごともないの?
それとも街中でもまだ何かあるのでしょうか?
油断できませんよね。
グラド様のサポート裏目に出ませんように。
アルフェ様頑張りましたもんね。
合格して欲しいなぁ。

2016/02/06 12:06 | TYPE MM04 [ 編集 ]


野津征亨 様へ 

そうですね。二人は合格できるのか!!
・・・そこが焦点ですね。
アルフェもグラド君も頑張りましたからね。

お忙しい中のコメントありがとうございます!!
_(._.)_

2016/02/06 13:08 | LandM [ 編集 ]


椿様へ 

確かに1週間のサバイバルは大変ですからね。
アルフェが冒険家になりたい気持ちや戦士学科に執着するのには理由があるのですが。
それは単なる設定になるので、割愛。
実はそれを明らかにする予定だったのですが、
冗長するので省いた部分だったりします。
やっぱり入れておいた方が良かったかな?

あとは良い結果がついてくるとそれが最高ですね!!
(/・ω・)/

毎度のコメントあざ~~す!!
(*'▽')

2016/02/06 13:11 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

基本サバイバルなので何もありません(笑)。
もうちょっと濃密にサバイバル過程を描いても良かったのですが。
前回もサバイバルの過程は描いたので、ここは普通に流しました。

後はグラドのサポートが裏目にならないかですね。
合格ができるかどうか。。。
それは先生のみぞ知る・・・ですね。

毎度のコメントありがとうございます。
(*'▽')

2016/02/06 13:15 | LandM [ 編集 ]


 

アルフェ頑張りましたね。
彼女の中に信念がひしひしと伝わってくるようでした。

今回は紛争地域のイラストもあって改めてグッゲンハイムの奥深さ、世界観が堪能できました。
こんな世界だからこそ求められる切実に求められる冒険家、だからこそこの試験も重みがあるわけで……

グラド君のサポート、どう出るかな?
引き続き行方を見守らせて頂きます!

2016/02/06 18:24 | canaria [ 編集 ]


 

ぎゃん。来週までわからない、ですかっ。引き伸ばしますねえ~

家に着くまでが修学旅行だあー、と中学の時は言われたものですが・・・(-_-;)

先生方のほうがグラド君に同意してほしい(?)

2016/02/06 20:07 | けい [ 編集 ]


canaria 様へ 

確かに頑張りましたね。
ここから合格に繋がるかどうか!!
・・・ということが大切ですね。
まあ、そこが来週になるのですけど。

まあ、紛争地域といっても、いつもの森のイラストなんですが。
・・・すいません。
こんな世界だからこそ求められるものがある。
冒険者も必要ってことですね。

このグラド君のサポートがどうなるか。
来週お楽しみ!!

毎度のコメントありがとうございます。
_(._.)_

2016/02/06 21:46 | LandM [ 編集 ]


けい様へ 

引き延ばします(笑)。
まあ、それも来週まで。
来週で最終回!!
・・・になりますので。

そうそうそうそう。
家に着くまで旅行!!
・・・という気持ちを忘れないために。
あえて、森に戻った後の読了感も描きました。

さて、合否はどうなるか。
来週までお楽しみくださいませ。

毎度のコメントあざ~~す。
(/・ω・)/

2016/02/06 21:52 | LandM [ 編集 ]


2記事にコメントありがとうございました☆ 

こんにちは。先日は二つの記事にコメントありがとうございました☆
サリクを「お淑やか」「楚々としたイメージ」「奥ゆかしい」と
たくさんお誉めのお言葉&癒されて頂けとっても嬉しいです♪
サリク「そーなんですね~それは良かったです~ありがとうございます」にこっ
と喜んでいますよ!(あまり喜んでいるように聞こえないかもですが…)

横向きは…描き慣れるまではなかなかで、体が特に難しくまだまだ修行の身
ですね。口を抑える仕草、可愛いと言って頂け嬉しいです☆公式のサグメの
この仕草、良いですよね~!5分絵でしたが繊細と言って頂けたのも嬉しいです♪

そしてクロガネ立ち読み頂け嬉しいです♪ 面白いですよね!
剣道×黒鉄の眼の設定、マスコットなさゆりも可愛くて良いですよね!
人気投票でもこの2人が1、2位なのは納得でした☆ 個人的には…同じ
高校の士道や他校にも魅力的なキャラがたくさんでキャラに大ハマリしてました。

池沢先生にとっての初連載で全8巻はジャンプの中では比較的長生きした方だと
思います! ひっそりアンケート支援はしていましたが…ジャンプで生き残るのは
大変な事だと思います。でもぶっちゃけちゃいますと、twitterの問題発言等で
相当数のアンチがいたのに、それだけ続いた事はやはり、作品、
キャラに魅力あってだと思います。打ち切りみたいな終わり方と言われている
のは…やはり士道の過去を描いて頂けなかったからかも。それは残念でしたが
最後の試合がさゆりと縁のある「刀条」キャラであったのは嬉しかったですね。
ものの歩、ご購入されましたら是非ともトークしたいですっ☆ものの歩では
同じ高校の竜胆君の過去を序盤で回収してくれる展開で非常に嬉しいですっ!

それと最新話読ませて頂きました~!!グラド君、アルフェちゃん…本当に
お疲れ様です!!必死に頑張るアルフェちゃんがとても素敵で、応援しつつ
見守らせて頂きました。結果は…どうなるやら…ドキドキしながら続きを
お待ちしていますね。今回は特に池沢先生作品について熱く語ってしまい、
長文失礼しました。ここまで読んでくださり、ありがとうございました!!

2016/02/07 16:47 | 風月時雨 [ 編集 ]


 

さて、ついに始まった進級試験(`・ω・´)
グラド・アルフェ組もなんとか、
ホルンの森を抜けて町まで着く事が出来ましたね~。
全く相方の手助けは許されないというのが歯がゆいところでしたが、
今回のアルフェは本当によく頑張りましたね!
結果はどうなるのか気になります|・ω・´)

2016/02/07 20:38 | ツバサ [ 編集 ]


風月時雨 様へ 

毎度のコメント返しありがとうございます。
( `ー´)ノ

そうですね。
心をこめてお疲れ様でしたね。
1週間のサバイバルは予想以上に大変でしょうからね。
必死に頑張るアルフェが・・・・。
(ノД`)・゜・。

後は結果がどうなるかですね。

毎度のコメントあざ~~す!!

2016/02/07 23:15 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

そうですね。
何とか街まで戻ってこれました~~!!
手助けができないところがネックですね。
戦士学科たるもの手助けはするものであって、
されるものではない!!
・・・というのもありますので。
アルフェの人気がうなぎ上りですね。
後は結果がどうなるか。
・・・後は先生のみが知るですね。

いつもコメントありがとうございますです。
(/・ω・)/


2016/02/07 23:17 | LandM [ 編集 ]


 

無事に何とか
ゴールできたみたいですね

後は受かるかどうかですね~
限界ぎりぎりでよくがんばったねアルフェちゃん

2016/02/09 23:11 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


荒れぶるプリン様へ 

そうですね。
アルフェも限界ぎりぎりまで頑張っていましたし。
このまま合格まで突き進むといいですね。

お忙しいところありがとうございます。
毎度のコメントあざーす。
(^_^ゞ

2016/02/10 09:19 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2552-e8e26465

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード