FC2ブログ
2020・09
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2016/02/13 (Sat) 3話

廊下(昼)
3話






廊下。
かなり雰囲気がピリピリしている。


それも当然で。
今日は人生の境目のところにある。



落ちたら冒険者をやめることも考えないといけない。
そういう人生の岐路にある。




これで緊張しないわけがないだろう。







1-A通常


俺は俺で。
いつも通りトレーニングをして。
森を駆け回っていたのだが。






余裕があるわけではないのだが。
結果はもう決まっているのだろう。
緊張したところで話が進まない。
それも事実である。












2-A通常


アルフェ
「あ・・・・・・。」

(;一_一)




1-A通常


グラド
「いうえお、かきくけコケ~~~~~コ!!!!」


ヾ(@^▽^@)ノ

















廊下(昼)



アルフェ
「あ・・・相変わらず素っ頓狂ですわね。
 合格を確信している余裕かしら・・・・。」


(´゚д゚`)




グラド
「緊張して事態が好転するならいくらでも緊張するのだが。
 そういうわけでもないので緊張しない。


 ・・・といっても、適度な緊張は必要なのだが。
 怠けても問題があるので。」



<(`^´)>



いつもの挨拶になってしまった。
まあ、それはそれでいいのだが。
























仕事絵空(昼)


グラド
「相当緊張しているのか。」

( ̄ー ̄?)



アルフェ
「当たり前ですわ!!」

ヾ(-д-;)



まあ、そりゃそうだ。
現実問題、アルフェはかなり微妙なラインにいるだろう。
成長過程をみると、伸びしろがかなりあったのだが。

それでやっと、進級試験を乗り越えられるレベルであった。








そのことを一番わかっているのもアルフェだろう。

自分が落ちているのか。
あるいは合格しているのか。


その微妙なラインにいることはアルフェが一番よく知っている。














グラド
「ココデ、マッテイテモ、ゴウカク、ハ、ヤッテコナイ。
 ハヤク、キョウシツ、ニ、ハイルゾ、アーメン。」

(´゚д゚`)



アルフェ
「どうして片言なのですの?」

(゚_。)?


















1-A通常


グラド
「いやあ、最終週なので。
 ブッ飛ばして頑張ってみようかなあ。と思いまして。」

(;一_一)


2-A通常

アルフェ
「相変わらず、良く分からないですわ・・・・。」

(-。-;)
スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<4話 | TOP | 2話>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2556-a7c25da2

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード