FC2ブログ
2021・03
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2016/05/14 (Sat) 6章「表敬訪問」

6章「表敬訪問」
(5月14日~21日分)



a0001_000571_m.jpg



ピーーーーーンポーーーーーーン。



「また逢沢の家に行くでヤンスか。」


「今日は挨拶みたいなもんだ。」


「まあ、あのマダムの笑顔と紅茶があれば楽しみでヤンスが。」


「・・・お前はほんとに何しに来ているんだ。」




まあ、別にそこのお前に何かを期待しているわけではない。
・・・というか、そこのお前が捜査で何か役にたったことはないぜ。。。



いわゆる癒し役。
いなくていもいいが、いる方が俺の清涼剤にもなる。














今回逢沢の家に来た理由は・・・特にない。
あそこから証拠がでればいいんだが、
証拠もない以上家宅捜索もできないだろう。

要するに手詰まりなのは変わらない。













今日も、訪問を断れたらそれでいい。
別に家に伺うことにメリットがあるわけではないからな。




ただ。
なんだ。宣戦布告というか。
表敬訪問というか。
そんな感じだ。















「は~~~~~い。あら、また来てくださったんですか?」


「そうでヤンス。解決警部がどうしてもって言うでヤンスから。
 今日は挨拶をしにきただけでヤンス。」


「あらあら。別にいいですわよ。
 一人身ですからね。こうして伺ってくれるだけでもいいですよ。」

「ありがとうございますでヤンス。」





しかし。
こういうときのそこのお前は役に立つな。
害のない警察官というか。
市民のための警察官というか。



そこのお前は単独だったら、派出所の警官にでもなった方が向いてそうだな。







「…お久しぶりです。」


「お前以外はまともな警官がいないな。
 どれもつまらない質問ばかりで退屈超えてムカついてきそうだったよ。」


「褒め言葉と受け取っておきます。」



「そうだな。」




・・・・・・。









・・・・・・・・・・・・・。











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。









ズズズ~~~~。



「さすがマダムがつくる紅茶でヤンス。
 心が癒されるでヤンス。」



「あらあら。それは嬉しいですわ。
 しがないオバサンのささやかな趣味ですわ。」






紅茶を飲んで一息。。。

ふう。
そこのお前ではないが、確かに紅茶は美味しいな。
ちょっと癒されるぜ。




紅茶の文化を取り入れるか?
それもハードボイルドから逸れるぜ。。。。









「あらかじめ言っておきますが。
 今日は世間話です。特に答えたくない質問は答えなくていいので。」



「あいよ。」




さてと。
何か聞きたいことがあったら、聞けばいいと思うぜ。









1、今までの警察官の印象


2、旦那はどうしているのか?


3、亡くなった息子の部屋へ行きたい


4、寺尾(被害者)に対する思い





さてと。今回はタイトルよろしく。表敬訪問だ。
たまには犯人の心情も理解してやろうぜ。
普通の警察官はこんなことしないがな。



毎度ヨロシク。
コメントはこの記事に!!







作者 才条 蓮(LandM)




あらすじ
俺は解決警部。
初めての奴も、2度目の奴も、
3度目の奴も、4度目の奴もよろしくな。
今回は真面目にハードボイルドな物語を見せてやるぜ。
夜間に起こった爆殺事件。
浮かび上がる容疑者。
容疑者の殺意と執念が交差するが、
解決警部の名に懸けて今日も事件を解決するぜ。




本編
序章「殺人者」
1話  2話  3話  4話  5話

1話「怨嗟の始まり」

2章「推理と捜査」

3章「対決」

4章「インターバル」

5章「再捜査」


登場人物
解決警部
そこのお前
本部長
逢沢 朋美
寺尾 尚仁(しょうじん)




jigazo_convert_20101009055651.jpg
才条 蓮のきまぐれ。
才条 蓮がきまぐれに書いた作品です。
基本的にあまり気合を入れてないです。
気軽に読んでください。
日記もあります。

紫陽花の恋

隧道の光

猫神伝説

コスモスは隠れて咲く

才条 蓮のほのぼの日記

才条 蓮のほのぼの日記2016

解決警部補!!!

解決警部補2!!

解決警部補3!!

水仙を育む

臨終の薔薇

向日葵の家族

救いの手




グッゲンハイム
小説版

本サイトのメインとなっております。
シナリオが才条 蓮とMCFL。
絵師が高瀬、背景絵師ノルドで送っているネット小説です。
お時間があれば見てやってください。

グッゲンハイム1898年『失った母娘の絆』(連載終了)

グッゲンハイム1905年『魔王が君臨するとき』(連載終了)

グッゲンハイム1915年『勇者と魔王が世界を救うとき』(連載終了)

グッゲンハイム1950年~姉妹の愛憎~(連載休止中)

GH1898年~黄昏の母の為のパヴァーヌ~(連載終了)

GH1900年~焔の刀にて正義を成す~(連載終了)


GH1899年~ある二人の信頼の森~
(連載終了)

GH1899年~グラスツール学園~(連載終了)

※ 初めての方(小説を読みたい方へ)。
特にどの作品から読んだら良いというのはありません。
ですが、特にこだわりがなければ今連載中の話から読んだら良いと思います。
各エピソードはあまり話しのつながりがあるわけではないので。
気軽にコメントよろしくお願いしますね。







銃構え涙血塗れ3倍2
グッゲンハイム
ゲーム版

グッゲンハイムのゲーム版です。
グッゲンハイムの話を声優を入れてゲーム化している企画です。
ゲームに興味がある方はどうぞ。

総合サイト
GH1898年~黄昏の母の為のパヴァーヌ~
GH1900年~焔の刀にて正義を成す~
GH1899年~ある二人の信頼の森~






スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(20) |


<<1、過去の眼を使って、宅配便の字を書いた奴を探す | TOP | 4、寺尾(被害者)に対する思い>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

こんにちは。本日はチノ絵に
コメントありがとうございました☆
チノの本名は「かふうちの」なんですよね。
可愛いと言って頂け嬉しいです♪

もう本当にチノの可愛さは…
業界最高傑作の妖精レベルですよね!!
LandM様ともチノの素晴らしさを語れて嬉しいです☆

今回のお話も読ませて頂きました!
そこのお前さんは癒し系ですね!
あの独特の話し方好きです♪
奥様は旦那様や息子様を亡くしてしまって…
その運命には同情してしまいますが。
人が人を罰する事、について
改めて考えさせられた回でした。
ではでは読んでくださり、ありがとでした☆

2016/05/14 13:14 | 風月時雨 [ 編集 ]


表敬 

敵?にも敬意を表するのですね。
確かにお母さまの事情では、恨んでも
仕方ない気もしちゃいます。
ホントならちゃんとした人どうしなのですね。
罪を憎んで人を憎まずでも
罪を犯すのも裁くのも結局人ですから…
ますますシリアスですけど
そこのお前様は、いいアクセントですね。
今週も面白かったし考えさせられました。

2016/05/14 16:38 | TYPE MM04 [ 編集 ]


進んでる〜 

LandMさん、こんにちは〜。

どんどん進んでいる!
しかし、あれですね。被疑者、大胆不敵ですね。
解決警部と本部長には挑発的とは。
これは「息子の復習は果たしたので、もういい」の表れではなく、あくまで「あんた達にはつかまえられっこないよ」の自信のあらわれなのですね。

解決警部が手こずるだけのことはあって、ずっと頭のいい犯人なのでしょう。

そこを基本に返って地道に解決への道を探る警部たち。
手に汗を握ってきましたよ。

次回の捜査の進展を期待しています。

P.S. そこのおまえ氏は、のんきでいいなあ。なごみます。

2016/05/14 21:59 | 八少女 夕 [ 編集 ]


 

そこのお前もなかなかいいキャラを出してますね~。
今回は解決警部だけでは、
サバサバした展開になっていたかもしれませんが、
そこのお前がいる事でいいアクセントになってますね^^
それにしても、息子が亡くならなければ、
また違った人生もあったかもしれませんもんね。
だからといって殺人事件を放置する訳にも行きませんし、
ここは逮捕まで行かないといけないのが警察ですもんね(`・ω・´)

2016/05/14 22:09 | ツバサ [ 編集 ]


風月時雨様へ 

毎度のコメント返しありがとうございます~~!!
(*´▽`*)

確かにそこのお前は癒し系ですね。
ポジションはいつも変わらない彼。
そこが彼の良いところですね。

今回は色々と考える回にしてみました。
答えは人それぞれでしょうけど、
それはそれで問題提起の回でもあって、
考える機会になって良かったです。

2016/05/14 22:16 | LandM [ 編集 ]


TYPE MM04 様へ 

確かに罪を憎んで人を憎まず。
・・・という言葉もありますが。
生憎、犯罪を犯したら、罪にはなりますし、
罰する風習もあるのが世界の成り立ち。
それを考えると、犯人にあまり罪がないような気もしますけどね。
・・・ということを考える機会になったのは良かったかな。

毎度のコメントあざ~~す!!

2016/05/14 22:18 | LandM [ 編集 ]


八少女 夕様へ 

こちらこそこんにちはです。
夕さんにコメントを頂くのは感慨ひとしおなので、嬉しいでございますです。

とりあえず、週に1回は更新させていただいているので、進んでおります(笑)。


解決警部が手こずるわけあって。
なかなか大変な犯人であります。
地道に証拠集めをしないと捕まらない犯人という構想になっております。

納得できるエンディングになっているかは微妙ですが。
これからも頑張りますのでよろしくお願いします。
(/・ω・)/

2016/05/14 22:37 | LandM [ 編集 ]


ツバサ 様へ 

そこのお前の評価が高いな。。。
まあ、そこのお前と本部長はいつも通りのキャラクターですからね。
はっちゃけて言えば、解決警部と展開だけがシリアス。
他は何も変わっていないという。。。

犯人に関してはその通りですね。
されど、それが人生。
違った人生もあるかもしれないですけど、
息子が亡くなったのは事実。
そして、犯行を犯したのも事実。
ここまでいくと逮捕しないといけないのも真理。
そういう展開になってますね。

毎度のコメントありがとうございます。
(@_@;)

2016/05/14 22:43 | LandM [ 編集 ]


 

主張はどこまで行っても平行線。
でも気持ちには寄り添える部分もある……。

いいインターバルでした。
こういう、互いに人として接するシーンがあると犯人像も深まるし、余韻も複雑になりますね。

匠の技に感嘆しつつ、亡くなったこの人の息子さんに私も合掌いたします。

そして、この犯人さえも普通のオバサンにしてしまうそこのお前さんの癒し力……!

2016/05/14 22:50 | 椿 [ 編集 ]


椿 様へ 

まあ、納得してしまえば理不尽なことになるので。
解決警部が納得したら、犯人は捕まらないですし。
犯人が納得したら、それはそれで精神論で事件が終わってしまいますからね。

インターバルとして成立していれば何よりです。
犯人も警察の立場も描写したかったので。
良かったです。


そこのお前が随分注目される回になってしまったなあ。。。

毎度のコメントありがとうございます。
(/・ω・)/

2016/05/14 23:15 | LandM [ 編集 ]


 

なかなかに焦れったいですな。
あの解決警部をしても、今回の事件はそう簡単には解決しそうもないという。
早く真相が知りたいです!

2016/05/15 00:12 | 野津征亨 [ 編集 ]


 

そこのお前さんと解決警部はやっぱり
いいコンビなんだと再確認しました。
癒し系も必要ですものね。

今回はお母さんの心情が深く知れて
よかったです。
孤独に包まれていると考えも煮詰まってきますものね。

でもかといって釈放するわけにもいかないし。
証拠は集めなきゃ捕まえられないし、そのためには
こうして事情聴取を繰り返さないといけない訳だし。
犯人に迫れば迫るほど辛くなるジレンマ……
解決警部は、それでもそういうのときっちり線引き
できている気がしますが、自分はごちゃまぜに
なってしまいそうです(;;)

2016/05/15 12:38 | canaria [ 編集 ]


野津征亨 様へ 

結論ははっきりしてますけどね。
解決警部が犯人を捕まえる。
そのことだけははっきりしてます・・・ってそういう真相じゃないか。
何にしても、解決警部の名前にかけて、犯人は捕まえるので大丈夫です。
そこは安心していいです。

毎度のコメントあざ~~す!!
\(◎o◎)/!

2016/05/15 15:05 | LandM [ 編集 ]


canaria 様へ 

ビジネスはビジネスです。
仕事に私情を持ち込むことは駄目ですし、
仕事上そういうのもやってはいけないことですね。
汚職の原因にもなりますからね。
解決警部はそういうことはビジネスライクなので大丈夫ですね。

そこのお前とはセットで動いているのが解決警部です。
わりかし、今回の話になってそこのお前の評価が上がったな。。。

いつもコメントありがとうございます。
(/・ω・)/

2016/05/15 15:08 | LandM [ 編集 ]


 

今回は背景やら心情やらを知ることができて良かった。
人のすること。確かに。でも・・・

心情よりも事象に目を向けたほうが見えてくることもあるかもしれませんね。
これらを総合して、解決警部、どう解決していく。

2016/05/15 16:01 | けい [ 編集 ]


 

こんにちは

お金だけでは幸せになれないのくだりは
読んでいて胸をうたれましたね

たしかに殺人はいけないことだけれども
母親の気持ちも理解できちゃうんですよね
せめて旦那が生きていたらって思わずにはいられないですよね

2016/05/15 17:40 | 荒ぶるプリン [ 編集 ]


けい 様へ 

解決警部らしくないですが。
犯人のことも考えよう・・・・。。。
・・・ということで設けた回ですね。
心情で犯罪は発生するものなので、そこは仕方ないですね。
そこをどう解決するか!!??
それが解決警部ですね。敷板が高い。。。

毎度の変わらずのコメントありがとうございます。
(゚∀゚)

2016/05/15 17:47 | LandM [ 編集 ]


荒ぶるプリン 様へ 

お金だけでは幸せになれない。
お金がなくても幸せになれない。
・・・というのは才条 蓮のキャッチフレーズでもあります。
そこに着眼してくれたのは感謝です。
これは本当の気持ちです。

旦那が生きていればね。。。
また違った人生もあったのでしょうね。
亡くなっているのが悲劇に拍車をかけた。。。
;つД`)

毎度のコメントありがとうございます。
\(◎o◎)/!

2016/05/15 17:49 | LandM [ 編集 ]


 

今日は^^
プチっとお久しぶりです。


何か今回の表敬訪問、捜査と言う概念から抜け出して何かを掴もうとしているのか?
癒し系のお前さんと、息子さんのお部屋にも追悼したいと訪問。攻めて攻めてよりも一歩引いて、相手に寄り添う方が、こういう人の場合心が救われ、こういう人になら捕まっても良いかって……ならないかぁ(笑)
でも、追い詰められた時なら、「貴方のような刑事さんになら捕まっても良いわ」と思えるような信頼関係はこれで気付けたのかもしれませんね。
彼女の境遇には同情しますが、彼女の犯した罪を肯定することは出来ません。
彼女も本当は分かっているのだと思います。
ただやはり感情がついていかないんでしょうね。家族を亡くして人を恨む以外何も考えられなくなり、他に側に寄り添ってくれる友人でもいればまた違ったのかもしれませんが、そういう人もいなかったのかもしれません。
当時の警察の方が、この二人のような人ならば彼女の心も少しは救われたのかも……。
この場の雰囲気で、ちょっとそんなことを考えてしまいました。

少し心が寄り添えた感があるので、その点で今後の関係に少し何か変化があるといいなと思います。

犯罪者の心理ってホント感じ取るの難しいです。

そんな中でも解決警部は解決むしてくれる筈!
新たな進展を期待しています♪

2016/05/16 17:39 | 涼音 [ 編集 ]


涼音 様へ 

まあ、状況的に涼音さんは来られるような状況ではないので。
その中でも来ていただき誠ありがとうございます。
(/・ω・)/

今回の訪問は特に意味はありません。
まあ、捜査が進展すればラッキーというぐらいのことであって。
それ以外にはあまり意味はない回でもあります。

涼音さんの言うことはもっともで。
対決ということでやってますけど。
その中にも敬意あり、ということを見せているところはあります。
これは戦いではありますが、その中にも敬意はある。
・・・ということを見せた訪問です。
そう言った意味での表敬訪問。
…言葉通りか。


捜査では意味はないかもしれないですけど、
心情的には意味がある。
…今回はそういう回ですね。
それを感じ取っていただきありがとうございます。

毎度、忙しい中コメントありがとうございます~~!!
('◇')ゞ

2016/05/16 20:12 | LandM [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2648-7fefb1dc

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード