FC2ブログ
2020・12
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2010/05/13 (Thu) 5話『決戦へ』




カレン「ここは……?」

瓦礫の中……といえるような場所ではない。
どうやら、どこかの避難施設の中のようだ。
暗く……そして、地中に埋められたシェルターのような印象を受けた。


少女「勇者様。」
カレン「…………ん?」

そして、目の前には少女がいた。
見覚えがある。
さっき龍から助けた少女だ。
少女は心配そうにカレンを見つめていた。





カレン「…そうか。」

さっきは肉塊を見て、逆上していたが、そういえば、アレは別に少女に肉ではない。
別の人物の肉片である。
どうにも、守っている対象の血肉を見ることはあまりなれていない。
それは、カレンの尊厳にもかかわる問題であったからだ。


カレンは確かに人殺しだが、人に血肉を見るのは好きではない。
むしろ、嫌いの部類に入る。
それでもこの仕事を続けているのは、誰かがやらなきゃいけない仕事だからに過ぎない。




ぎゅ。
カレンは思わず感情的になって少女を抱きしめた。
少女の身体は思った以上に小さいと感じた。
これはカレンが大柄な女性ということも起因の一つとなっている。



少女「あの……勇者様?」
カレン「いや…単純にお前が生きていて良かったと思っただけだ。」

カレンは抱きしめながら言った。

死ぬより生きていたほうがいい。
それは誰もが考えることである。
特に戦争という異常状態では、誰もが死ぬ危険性を孕んでいる。
その中で生き残ることは一種の奇跡である。

少女は今生きている、という奇跡をカレンは純粋に喜んでいるのである。






すうっ。

そして、カレンはすぐに離した。
ここで感傷に浸っている暇はそこまでない。
爆発の衝撃でアイアトーネ市本庁からかなり離れてしまっている。
すぐに行かなければならない。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<6話『誓いの続き』 | TOP | 4話『母親の影』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/285-75f68816

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード