2017・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
2017/04/15 (Sat) 22話(9月27日20時 クロン)

シェクスピア立ち絵02
22話(9月27日20時 クロン)





シェクスピア
「飲み物は。」


クロン
「ミルク。」





シェクスピア
「・・・・・・・・・。」


( ̄д ̄)




クロン
「酒は飲めないのだ。」


(-_-メ)



酒場(夜)人物アリ800×600



酒場にやって来て酒をのまないのかよ。
シェクスピアの表情がそう言っていた。

シェクスピアは酒豪なのだ。
酒が大好きとでも言おうか。


ミルフィールともよく飲んでいるのは知っている。
ミルフィールとは良い飲み仲間だろう。



だが、私は全く酒は飲めない。
・・・・下戸である。

全く酒が飲めない。
飲むと意識が飛んでしまう。
・・・というぐらいの下戸である。


魔王はワインを飲めないのいけないのか!!
・・・というぐらい魔王のイメージ台無しだが。
私とて人なのだ。弱点ぐらいはある。







シェクスピア
「酒ぐらい飲めた方がいいわよ。
 魔王のイメージと人の付き合い上。」


(-_-メ)



クロン
「勇者みたいなアルコール中毒にはなりたくない。」


( `ー´)ノ






某勇者。
この世界には勇者がいるのだが。
その勇者はアルコール中毒と言えるぐらいの酒豪がいる。
いつでもどこでもお酒!!

・・・という馬鹿みたいな勇者がいる。


勇者曰く。
世界が酔っぱらっているみたいに動いているのだから。
自分が酔っぱらっていてもいいだろう。
・・・という破滅思考なのだが。


そんな奴が「創造」の精霊の恩恵を受けているのだからびっくりなのだが。






まあ、そんな話はいいだろう。
勇者なんて、おそらくこの後の物語でもいくらでも出で来るのだろうから。




それよりも。。。。




























クロン立ち絵01


クロン
「しかし、ここはシェクスピアの故郷だろう。
 家に戻って、旦那に会ってもいいんじゃないのか?」



実は。


その旦那とも面識はあるのだが。
そのことを話すのも面倒くさいし。
別に話す必要性もあまり感じなかった。





しかし、この場所がシェクスピアの故郷であることは知っている。
故郷?というのは語弊があるかもしれないが。



とりあえず、シェクスピアの家があることは間違いない。
今はどうしているのかは知らないが。



旦那が一人で住んでいるのだろうか。
息子が一人いるとも聞いたことがある。


旦那も仕事をしているだろうから。
息子はどうしているのか。


・・・・まあ、シェクスピアの家は裕福だ。
お手伝いや教育係はいるのだろうが。





















酒場(夜)人物アリ800×600




シェクスピア
「遠慮しておくわ。会う気になれない。
 そして、会っても話す内容はない。


 電話で事足りるわ。」



クロン
「・・・・・・・・・。」




・・・・・。









・・・・・・・・・・・・・。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。








仲が悪いのだろうか?
そう言う話は全く聞かないが。


むしろ、たまに電話しているのを聞いたことがあるが。
仲が良いように見える。





まあ、二人のことなんだ。
別に私が入るような内容でもないのだが。




立ち入ったことを聞くような・・・・。
関係ではあるか。


一応、私はこのシェクスピアの愛人なのだからな。
だが、私はそういう夫婦のややこしいところを聞く趣味はない。


シェクスピアが自分からそれを話すというのであれば話は別だが。






とりあえず。旦那の話はしない方がいいような気がする。
・・・という魔王の直感が働いた。



魔王の直感なんて全く当てにならないのだが。


男女の関係には疎いからな。
あまり首を突っ込んでも仕方ない。





スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<23話(9月27日20時 クロン) | TOP | 21話(9月27日20時 クロン)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://landmart.blog104.fc2.com/tb.php/2941-a3541884

| TOP |

プロフィール

LandM

Author:LandM
この小説を書いている人たちを指します。
作品によっては一人で書いていたり、複数で書いていたりします。
LandMとはその総称です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード